INFORMATION

■新着記事エントリー
  ※ 02-20
**お知らせ**
  ※ 01-28
生きてますよ♪
  ※ 01-12
TOKYOより、愛を込めて!

■只今更新中ブログ

【NOV/4】テンプレ変更

そして、もう11月。
あまりにも早くないですか?
時の過ぎるのが・・・・・
今年も残り後わずかですね?
やって来ますよ?ホリデーシーズンが!

965*CAFE MENU
BLOG MENU
YOUR CONTENTS

*参加型コンテンツです!
どんどん参加してね♪
みんなのBBS 
おしゃべりCHAT
まつがい白書

MY FAV LINKS

*楽しくって素敵な友達のHP
素材屋さんなどのリンクです♪
965 De LINK♪
965*Cafe過去ログ

BLOG LINK
EVENT


バナーをクリックすると
満月祭り@12-15-2005
に飛びます~飛びます~♪
(by二郎さん?笑)
MONTHLY ARCHIVE
PAST TITLE ARCHIVE
過去記事タイトル全て表示
OPINION
*ご意見・ご感想・質問等何かありましたら こちらに一言!管理人のメールボックスに届きます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FOR ADMIN
ブログ検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
今読みたいと思う本♪
きゃぁ~~明日は久々にお仕事が休みだと思ったら?凄い夜更かししてますよ?

そして記事更新するにも?仕事でどこにも行ってないのでハワイ情報はなしよ?と・・・
でちょっとつぶやかして下さい!したら寝ます!(ぉぃ

今私が非常に読みたいなぁ~って興味を持ってる本がこちら・・

20060118220016.jpg


グラハム・ハンコックのタリズマン!

この方は失われた古代文明の存在を世に問いかけベストセラーとなった
『神々の指紋』の著者でなかなか面白い本を出していると思います。

アステカ・マヤ文明の不思議やら太陽崇拝にはたまたシリウス星崇拝
などこういった不思議な話実は好きです!(笑

この本の「タリズマン」とは「お守り 護符 チャーム」と言う意味が
あるらしいのですが?本の内容は・・


『神々の指紋』のグラハム・ハンコックが古代エジプトに源流を発する、大いなる異端の連鎖を追う!十字軍・ルネサンス・フランス革命・アメリカ独立・ナポレオン誰もが知っている歴史の影に誰も知らない事実があった!隠された信仰の系譜を追う2000年にわたる歴史探索!



全て鵜呑みにはしませんがとっても興味あります!!
やっぱりエジプト・・・・関係してるのよねぇ、全然違う土地で。。
どなたか読まれた方は居るかな??


スポンサーサイト

つぶやき  |  Comments:(149)  |  Trackback:(0)
読みたいぃ~!!!この方の本や、こういう内容の本は、私やメガネにはたまらないねぇ!!!
2006-01-19(Thu) 01:12:23 | URL | おちぇ [ 編集]
くろねこさんって凄い本に興味が沸くのですね・・・・私の絵・写真一杯v-410の本とエリャァ~違いだわな(名古屋人v-362
でも、この本から表沙汰されてない
面白い事をしれるかもねv-391
私結構ナポレオンには興味あるんだにゃぁ~
2006-01-19(Thu) 02:16:43 | URL | Kalaka [ 編集]
・・・には?たまらないでしょうよぉ!
興味心身だけど?私・・
活字???苦手よぉ~!!
後で?続で中身教えてね?!
・・ご無沙汰しててごめんね~♪
2006-01-19(Thu) 02:55:33 | URL | うさぎ [ 編集]
私もこういう話大好き。 私の場合は、鵜呑みにしちゃうけどね。

横ですが、やっぱり大草原のカミサリーにはコーヒーおいてませんでしたv-390
2006-01-19(Thu) 09:44:07 | URL | ボレオ [ 編集]
読みたいでしょ??もうね?ネットでオーダーしようかなぁ~って考え中!!
それ位私は気になるよ。
エジプトのオベリスクが実は色々な所に
登場していて西洋風水学みたいな事実が
あるらしいんだよねぇ~くぅ~読みたい♪♪
2006-01-19(Thu) 18:17:21 | URL | くろねこ [ 編集]
私の家はそれこそ色々な本があるよ~~
それこそジャンクな本から私にはちと読めないかな?と思える本まで!(爆
こういう不思議な話はちょっと気になるんだよねぇ~~
Kalakaちゃんはナポレオンに興味あり??
歴史って実はもっともっと奥深い何かが眠ってそうだよね?(笑
2006-01-19(Thu) 18:20:53 | URL | くろねこ [ 編集]
うんうん~これはほら?メガネとかも大好きな部類だからさぁ~
誰かが絶対に買うはずだよね?(笑
それよりも元気??体無理しないようにねぇ~♪
2006-01-19(Thu) 18:21:48 | URL | くろねこ [ 編集]
おお~~~見に行ったんだね?>大草原カミサリー?
無かったかぁ・・・・残念!!
んで興味ある??色々と知りたいよね??あ?知りたがり??(笑
2006-01-19(Thu) 18:24:10 | URL | くろねこ [ 編集]
私も昔から古代文明とか歴史ものとか大好きで、神々の指紋も買いましたよん。
いつかは、絶対に高山病に負けずにマチュピチュに行くぞ!と思っている私。
あともちろんエジプトね。
これホンモノ見なきゃ死ねないもん(笑)

2006-01-19(Thu) 18:31:50 | URL | AMI [ 編集]
神々の指紋も出たときは、話題をかっさらっていったけど。これは、キリスト教のおはなしなのね?

 ダビンチコードも映画が始まる前によまないばっておもってるんだよね。面白い本が~いろいろでてるもんだね。読んだら感想が聞きたいな
2006-01-20(Fri) 03:43:21 | URL | すー [ 編集]
やっぱりぃ?そうでしょ~~私も絶対に死ぬ前に一度はエジプトに行きたい~
って思ってるよ!!本物のピラミッドは見ておかないとね?(ベガスじゃなくって!笑)
神々の指紋はAMIちゃん、どう思ったかなぁ~~
2006-01-20(Fri) 17:30:54 | URL | くろねこ [ 編集]
絶対にっ!すーはこの本好きだと思う。
なんだか色々隠されてる秘密明かしだよ~
キリスト教だけじゃなくって色々あるんだけどね?
とにかく私も今すぐ読みたい気分だよ♪
2012年までもうすぐだけど・・・本当に
色々な所で違う説だけど2012年あたりやばいて話だよ・・・うむ。(笑
2006-01-20(Fri) 17:32:40 | URL | くろねこ [ 編集]
エジプトの象形文字やミイラ、彫像とは全く関係ない、はるかにふっるーい時代とその時代の「思想のわずかな残滓」がタリズマンには書かれているのだぁっ!!

て考えているのはわたしだけでしょうか?
2006-03-01(Wed) 23:37:59 | URL | Cooky [ 編集]
書き込みありがとうございました。
ミイラや象形文字は関係無いと思ってましたがオベリスクが色々と関係しているという紹介文を読みました。
が!!まだ本を読んでいないんですよ~
Cookyさんはもう読まれたのでしょうか?
興味深いです!!
2006-03-02(Thu) 14:53:47 | URL | くろねこ [ 編集]
読んでしまいました。
それも下巻まで・・・
すいません・・・。

 不思議なことに、なぜか読み終わったあと、スターウォーズ(ダークフォースの帝国軍とジェダイの騎士の関係とか・・)と新世紀エヴァンゲリオン(中世のセカンドインパクト?「ヘルメス文書」と人類補完計画とか・・・)のシーンが脳裏によぎりました。

 なーんだここがネタもとかぁ!!って感じでした。(私だけ?)

 みなさんどうなんでしょ???



2006-03-04(Sat) 12:40:22 | URL | Cooky [ 編集]
こんばんわ!
そうですか~~もう読まれたんですね。
くぅ~~うらやましいです。
で、ネタ元がスターウォーズやエヴァンゲリオンとはこれまたびっくり!
やっぱりオーダーして読んでみたいです。。(鼻息)
感想、ありがとうございました!
所で他にどういった本を読まれるのかなぁ~~(興味深々!笑)
2006-03-04(Sat) 21:32:20 | URL | くろねこ [ 編集]
いえいえ、逆でスターウォーズとエヴァンゲリオンのネタもとです。

 な・なんとローマカトリックが帝国軍で、目立たないフード付きコートを着たジェダイの騎士がカタリ派キリスト教徒のテンプル騎士団だったりします。前半は血で血を洗う、学校の教科書では教わらない中世暗黒時代の記述・・おっと失礼読む前にあらすじ知ってしまうと面白くないですね・・・

 でももう一つだけ・・・、カトリックの絶対神とイエスの神格化に対して光に象徴される全ての人間は1っであり神と繋がっているとするもう一つのキリスト教勢力、カタリ派・・・その起源と思われるエジプトのヘルメス文書・・・これってエヴァの人類補完計画(互いに信じ合える事が出来なくなった現代の人類を元の一つにしてしまおう計画・・・なんというメインテーマを持つアニメなんでしょ?)なのでは・・・もちろんオープニングの「命の樹」も出てきます。

うーんしゃべりすぎました。

すいません・・・。
2006-03-04(Sat) 22:39:20 | URL | Cooky [ 編集]
なるほど、とても詳しい説明ありがとうございました。
やっぱり興味ありますね・・・。
カタリ派とかも(笑)ヘルメス文書に関してはちょっと他の読み物読んだ事がありますが、これも興味深かったです。
とにかく中世暗黒時代、深そうですよね???
Cookyさんはあれだけ話題になったダビンチコード、読みましたか??
URL飛んで見ましたがエラーが出てきてしまいました。
2006-03-06(Mon) 06:29:00 | URL | くろねこ [ 編集]
うーん、ダビンチコードですか・・・面白そうな小説ですね・・・タリズマンに繋がるところありそう・・・

でも、どっちかと言うと、やっぱりヘルメス文書、今ぜひ読んでみたいんですけど、絶版でどこも扱ってないんです。くろねこさん、うまい入手方法ご存じありませんか?
2006-03-07(Tue) 23:46:32 | URL | Cooky [ 編集]
まだ読んでませんか??
確かにタリズマンと繋がる所がありそうです・・。
でも今はヘルメス文書に興味があるんですね?
絶版となると入手難しいでしょう。。
「薔薇十字団」って本は読みましたか?
なかなか面白そうですよ、元はファンダメンタルはヘルメス文書の様です。
薔薇十字団=フリーメーソンと思ってしまったんですがね?(笑
2006-03-08(Wed) 15:12:23 | URL | くろねこ [ 編集]
薔薇十字団=フリーメーソンと思ってしまったんですがね?

たしかに、タリズマン下巻にはフリーメーソンがらみの話が多々照会されています。

ところで・・・くろねこさんは「911ボーイングを探せ」ってDVD見たことあります?
面白いですよ、これ・・・、タリズマンがらみで・・・特にアメリカの軍事の象徴である5角形の護符のデザインをかたどるペンタゴンを破壊するために突っ込んだ謎の飛行物体(見てもらえば明確にわかります、決して飛行機なんかではありません)その他見所いっぱい・・・

2006-03-08(Wed) 23:49:58 | URL | Cooky [ 編集]
待っていました、こういう情報!(笑
そのDVDは知りませんが凄い面白そうえすね?
ペンタゴンの5角形にした理由とかもタリズマンに書かれているんでしたっけ?
とにかく非常に気になります。。
で・・・その謎の飛行物体・・・なんだったんでしょう。。。。
そのDVD探してみますね!!!
あ!911で崩壊したワールドトレードセンター
実は崩壊させたという噂もある様ですよね?
何が本当で何が嘘なんだか全くもって分からないです・・・本当に。
2006-03-09(Thu) 17:37:45 | URL | くろねこ [ 編集]
このDVD、アメリカのラジオ局が作成したもので、収録されている映像はCNN、FOX、ABC他アメリカのメジャーテレビ局の事件当時の取材をつなぎ合わせた非常に客観性のあるものです。
まず、これ見た後でペンタゴンに飛行機が突っ込んだなんて信じる人いないと思います。燃えさかるペンタゴンの前で目撃した記者が「羽の生えたミサイルが突っ込んだ!!」と証言してます。必死で消防活動をするその映像には飛行機の残骸が何も無い、旅客機が突っ込んだというのに、ただ青い芝生があるだけ・・・

またワールドトレードセンター内で、連続した爆発音を聞いた消防士たちのリアルな事件直後の証言や、ツインタワー崩壊後のわずか8時間後に倒壊させた、けっこう離れた第7ビル(最初はこのビルにも突っ込むはずだったのが、何らかのトラブルで実行できなくなり崩壊の演出用?の爆薬がマスコミに発見されるのを恐れて点火された?)とか・・・これも映像あります。

あと、1995年ごろ日本で大流行したエヴァンゲリオン・・・ご存知でしょうか?、これも何からなにまでヘルメス的(読んでないけど・・・)作者の庵野の意図が全く商業的でない・・・、また死海文書、命の樹、魂の座、光の巨人、セントラルドグマ、セカンドインパクトによる南極の氷の崩壊で水没した都市、人類補完計画などなど、タリズマン的要素が盛りだくさん・・・作者は、一体何に揺り動かされてこれ、作ったのだろうと感じる不思議なものがあります。

まだまだあります、私のとっておき情報・・・?
2006-03-09(Thu) 22:24:04 | URL | Cooky [ 編集]
残念ですがエヴァンゲリオン、知らないんです。。
これってアニメーションですよね??
Cookyさんのコメント読んでると凄い面白そうじゃないですか!!
ただのアニメだと思ってたけど?(これがあのアニメと同じなら)
まだまだ他にもとっておきな情報があるんですね???
いつでもこのコメント枠をお使い下さい!(爆)
2006-03-10(Fri) 12:06:48 | URL | くろねこ [ 編集]
ヘルメス文書・・・古代エジプトは、まだ神々?と人間が共存していた時代・・・からの伝承の、わずかな文字による記録の残滓・・・

巨大クレーンも巨大石材カッターも無い、車輪すらも無い時代に平均2トンもの巨石を数百万個遙か遠方から運び、正確に高さ140メートルまで積み重ね、50メートルの高さの内部構造に200トンを超える石材を利用、カミソリの刃1枚通らない正確な積み上げをおこない、ただ積み上げただけでは無く、屋内には複雑な迷路と部屋を配し、誇らしげな王の業績を記した文字1っ残さず(重力軽減の間の妖しげな石工マークを除いて)何の神象、レリーフすら無い・・・これらを作った人たちは意志の伝達に言葉、図面の必要性すら無かったのか・・・今我々がエジプトと聞いてイメージするヒエログラフや神象、レリーフなどは、ずーっ後の時代に、その遺跡の周辺に住み着いた原住民の文化でしか無いのではないか・・・

っていうのが、「神々の指紋」の下巻のサビだと私は思うのですが・・・いかがでしょ?

ところで、このヘメルメス文書(読んでないけど・・・)、タリズマンの中の記述からすると、人間ってものの構造について、ローマカトリックのそれとは天動説と地動説の違いのような根本的認識の違いがあって・・・

人間の魂は大きな?光?から枝分かれしたもので、それが地上の素材を秩序を持って有機的に組み上げ、その体を構成、維持しているもので、決して「それ」から完全分離したものでは無い・・・というものなんですが・・・

つづく・・・ 
2006-03-11(Sat) 12:35:52 | URL | Cooky [ 編集]
くぅ~~やばいです!!
こんな話は聞くの大好きですから。
私はまだまだ知識が浅いからこれに関して
ディベートするファクトがありません。
でもCookyさんがおっしゃってる事や本の内容、私は納得できますよ。
って言うよりも私は常々人間の魂=光(エネルギー体)だと思っていましたのでその様なセオリーがここで読めてびっくり!!
もっともっと教えて下さい!!(笑
2006-03-11(Sat) 18:08:25 | URL | くろねこ [ 編集]
って言うよりも私は常々人間の魂=光(エネルギー体)だと思っていましたので・・・

さすが、くろねこさんです。

ぜひ、そう思われたきっかけなんて教えて頂きたいですねー、

っていうのもこの第2部?のテーマと関係するかもしれないからです。

うーん、気になる~~(笑

それでは、ここから第2部ってことで・・・

では、そのような興味深いヘルメス文書の記述についても、本来もしかしたら言葉すら持つ必要のなかった、ふるーい時代の考えの不完全に記号化(文書化)したものの、数千年の間に翻訳から翻訳を経て違った意味になっちゃったもの、または途中で多くの散逸してしまったものも当然あるわけで・・・たぶんに不完全、それぢゃ、私たちはどうすれば本当のそれに触れられるの?

うーん・・・

 実はわたくし1994・5年当時、ある事がきっかけでロッキード事件で田中 角栄を追いつめた、ジャナーリストの立花 隆が書いた臨死体験(上・下)って本にはまっておりまして、一旦死にかけて息をふき返した人たちの複数例の追跡ドキュメントなんですが、(ちなみにあのNHKが2週連続で1時間の特集番組を組んでます。)かれらへのインタビューの中に、今になって思うとヘルメス文書的な命の表現が多々見つかるのです・・・、ただ、もひとつ内容に客観性がないなぁ・・・って考えていたら、えらいリアルな臨死体験例を偶然見つけてしまいました。まず直接本人の証言であることと、彼の社会的地位がしっかりしていて軽はずみな嘘がつけない立場であること、多数の客観的証言の裏付けがあること・・・等々・・・

その彼が語る臨死体験時の話の内容が、実にこのヘルメス文書のそれにピッタリ来るんです。

うーん、そーかー、そういえばヘルメス文書の元になった人たち?って、どうやって、こんな認識が可能だったのか??誰かの本でも読んで勉強でもした受け売りなのか(笑

もし・もし私たちの普段の目線で日常の風景だけ見ていたら、自分の足場の地球が丸くて、クルクルとまわっちゃってて、その周りは真空で、その上太陽や銀河の周りを正確な周期で周回してる・・・なんて一生かかったって、これっぽっちも考えない、しかしなんらかの方法でこれらを客観的に見ることになったら、あとで星の動きがどうだ、帆船の水平線からの現れ方がどうだ・・・とか言ってへ理屈付けて押し切れる??、(われわれが学んだ科学の常識って、この後から付けた屁理屈?)同じように、いっかい死んでみた?人が見たわれわれの知らない客観的な人間のかたち?についても同じ事が言えるんじゃないのかって思ったりします。

彼らヘルメス文書の元になった発想?の持ち主たちは、そのあたりを知識の集積ではなく実感・体感していた・・・さもあたりまえの事のように・・・

天文学の根本的な認識の変化が科学を発展させ、中世の暗黒時代から現代の自由社会に変えたように、わたしたちほんとはどうなってんの???の実際の理解ができたら結構面白い事になるのに・・と思っているのは私だけでしょうか?

ぢゃ、なぜ、エヴァンゲリオンなのっ!!・・・

ああ・そうそうすっかり忘れておりました(おぃ…)

問題は、この臨死体験ってやつについてですが、この世の中、臨死体験した人たち結構いるみたいなんです、ただ人前でこんな話しすると変な目で見られてしまうという事で、だまっているだけで・・・、エヴァンゲリオンの作者である庵野にしても、たぶん・・・でなければ、視聴率と関連商品の売り上げ高が命のロボット?(ちょっち違う)アニメ物にあれだけの重いテーマと構成を常識では載せるはずがない・・・、しかもたぶんにヘルメス的なんです、自分の体験の表現媒体としてアニメを選んだ???。また当時あれだけの小学生から大人までが、ほとんど意味もわからず何かに牽かれるように熱狂するはずがない、どこか直感で感じる部分があったんでしょうか?、確かに色んなものがごっちゃになって無意味な部分も多々ありますが、メインのテーマが最後までブレていない(映画版を除く・・・)また同じようなマンガに大友 克洋の「アキラ」があります。これも、なにこれ・・・ってもの多数含んでます。単に奇をてらって、このような題材をちりばめる作家のそれとは根本的に違うなにかがあります。

うーん、うまくまとめきれなくてごめんなさい。

ということで・・・

  完
2006-03-12(Sun) 15:22:55 | URL | Cooky [ 編集]
Cookyさん

コメントに返信です。なんか面白いのでコメントさせていただきます。(=v=)ムフフ♪

質問です。昔映画で、スターゲートってありましたね。みました??
あの映画は、エジプトに関していいところついてきた映画だと思ってます。どんなもんでしょ!?
2006-03-12(Sun) 17:27:26 | URL | すー [ 編集]
どうも、はじめまして・・・

スターゲートって映画、むかーし見た覚えがあります。

なんか、えらいくるくる回る回転装置のなかに放り込まれて・・・、きらきら輝く夢のような砂浜で、父の形をした宇宙生命体に会う話でしたよね、違ったらごめんなさい。

エジプトとの繋がりについてはチト記憶が定かでは・・・すいません。

2006-03-12(Sun) 18:22:30 | URL | Cooky [ 編集]
グラハム・ハンコックの『神々の指紋』がハリウッド映画に・・・という情報をつかみました。

監督は「スターゲート」を製作した大物だとのことです。

翻訳家の大地 瞬(本名でしょうか?)のホームページにありました。

2006-03-12(Sun) 18:44:42 | URL | Cooky [ 編集]
きゃぁぁぁ~~~
素晴らしいコメント@完結編ありがとうございました!
私の仲良しすーもとても興味持った様で?(笑
私達いつも二人でこうした不思議話しては盛り上がっています。
Cookyさんの知識凄いですよ??
本当に興味深い所をついていますね?
そして、私見てみようかな?と思いました>エヴァンゲリオン

もちろん「神々の指紋」が映画化されたら絶対に観たいです!!
Cookyさんは何かブログとかで記事書かれてないのですか?
もっともっと色々な事を読みたいと思いました!
本当にありがとうございました♪♪

臨死体験やあちらの世界の話になると
どんどん色々な話に飛んでしまいそうです。。。
Cookyさんは宗教に関してはどうお考えかしら・・
(って又催促?笑)
2006-03-12(Sun) 19:40:00 | URL | くろねこ [ 編集]
なんだか私達が永遠に話しを聞いていたい!
と思える方の登場だよね?(笑
「スターゲート」私も見なきゃ!!
(見なきゃいけないモノ、読まなきゃならないモノてんこ盛り!笑)
2006-03-12(Sun) 19:41:14 | URL | くろねこ [ 編集]
宗教って・・・自分が、今現在ここに存在するっていう漠然とした不安を、全てまとめて他の何か(誰か)に代ってもらおうとする行為でしょ・・・、お金払うから、教会いくから、あとお願いっ・・・って・・・、生活の為に全く何も解からないのに受けるほうも受けるほうですが・・・

全く興味ないですね、Cookyは・・・
2006-03-12(Sun) 20:05:56 | URL | Cooky [ 編集]
もし、ハワイのレンタルビデオショップに行かれるんだったら、そしてもしそこにエヴァンゲリオンが置いてあったとしたら、劇場版はやめて下さい、ほとんどテレビ版の寄せ集めですから、脈絡が全然わからなくなってしまいます。

ご参考までに・・・
2006-03-12(Sun) 22:03:57 | URL | Cooky [ 編集]
Cookyさん

神々の指紋が映画かですか~?
すごいどんな感じになるのか楽しみ。

ダビンチコードも今年後悔されますね。楽しみです。映画見る前に本を読みましたが。あの作家、、著者は、すごいな~と感激中です。

太陽の暗号って本は、、読みました??あの本もとっても大好きな本です。基本は、、太陽からですね。
http://jukie717.blog7.fc2.com/blog-entry-12.html
2006-03-14(Tue) 05:18:29 | URL | すー [ 編集]
Cookyさんのコメントを読みニヤっとした私でした。
藁をもすがる思いの人達、弱い精神状態の人達を騙す宗教団体があまりに多いですよね?
でも、詐欺まがいの宗教団体も困ってる人には光に見えてしまうのでしょうね?
宗教がその人の道しるべとなり生活にプラスを齎す事なら私は否定しないですよ?
ただ安易にその響きがいいからと入り込んではいけないと思ってはいます。
すーのコメントにもありましたが、私もやっぱり太陽って凄いなって思うのです。。

それから!分かりました~エヴァンゲリオン、劇場版じゃない方ですね??
探してみます!
ヘルメス文書は見つかりましたか??
2006-03-14(Tue) 10:43:08 | URL | くろねこ [ 編集]
太陽の暗号!これ、私まだ読んでないし~(笑
でも本当基本は太陽だと思うなぁ~
太陽無しで何が育つだろう・・・。
で???ダヴィンチはもう終了したのね??
2006-03-14(Tue) 10:44:49 | URL | くろねこ [ 編集]
例の「神々の指紋」の翻訳家の大地 瞬さんのホームページにある、「神々の指紋」ハリウッド映画化の記事です、ちょっと怖い土偶写真の紹介分の真ん中あたりに書いてあります、ここにくる人だけへのスクープ・・・だそうです。

http://www.kitombo.com/foto/0227.html

太陽の暗号・・・読んでません。何度か手には取ったのですが・・・、今度是非買って読んでみますね。

うーん太陽ですかぁ、物理的な太陽のことでしょうか?
「その2」で書いた、大友 克洋の「アキラ」の中に、物理的で無い太陽を意味したと思われるレリーフと実物?が何度も使われています、女性が読むには、ちょっとあくの強い???1980年代に一世を風靡し、アメリカでも人気のあるマンガですが・・・。

すいません、アニメやマンガばっかで、しかしこういう作家って大手をふってこういう表現が唯一可能な立場にいるのかも・・・
2006-03-15(Wed) 00:21:17 | URL | Cooky [ 編集]
読みましたよ~~
私最初Cookyさんが残したURLがこちらだったので?
え?Cookyさんって翻訳家だったのね?
って早とちりしてしまいました!(爆
公開は2008年頃って出ていましたが早く見たいです!
それから、物理的で無い太陽・・・
これまた気になる表現です。
考えるとアニメ=子供対象では無いんですね?
こうして色々意味深な事がアニメの中に
組み込まれていると初めて知りました。
Cookyさん、ありがとうございます!
2006-03-15(Wed) 14:45:34 | URL | くろねこ [ 編集]
うーん「物理的ではない太陽」・・・

じつは・・・

1980年に、日本を代表する世界的な大企業の内部で現実に起こったある出来事に関連するお話なのです。

中身がなんとも、不可解なのです・・・

非常に客観的で、今でも資料も確認でき、本人もちゃんと生存しており、(大分変わってはしまいましたが・・・)多くの関係者がいるのです当時の社長も含めて・・・。

内容については、その企業系の出版会社が出しており、その出来事について本人が直に執筆してます、また彼の当時の役職は副参事、その大企業の重役なのです・・・。

現実ばなれしていて非常にリアルな出来事・・・その中に、この「物理的でない太陽・・・」とおぼしきものがでてくるのです。

「エヴァ」や「アキラ」は、そのリアルな出来事とその背景で描かれているバックグランドが非常に似通っている例として出してみました。

分かりにくかったと思います。すいません・・・、でも面白いですよ、マンガといえども・・・あなどってはなりません??

2006-03-16(Thu) 00:25:47 | URL | Cooky [ 編集]
すーさん、ダビンチコードの話題が止まってしまってすいません。

一度は手にとってはみたのですが、推理小説だったもので・・・

もう、読まれたのでしょうか

太陽の暗号については、今日休なもので書店行って買ってこようとおもっています。

2006-03-16(Thu) 11:53:22 | URL | Cooky [ 編集]
私はテレビでも本でも実際に起こった話(ドキュメンタリー)が大好きなので
この80年代に起こった「物理的ではない太陽」と関連した出来事凄い興味深いです。
もうちょっと知りたいです。。
お時間あったら教えて下さいっ!!(哀願!笑)
2006-03-16(Thu) 19:19:51 | URL | くろねこ [ 編集]
くろねこさん、太陽の暗号ゲットしました・・・

わたくし、ハンコックの「惑星の暗号」とごっちゃになっておりまして、店員さんに「これならあるんですけど、作者ちがいますよねー??」ってエハン・デラヴィの本渡されまして・・・

たしか、エハン・デラヴィって大阪弁しゃべる、若い頃失われたアーク探しにいって腸チフス?になって臨死体験した人でしたよね確か???

うーん、面白そうですので今夜さっそく読んでみます。




2006-03-16(Thu) 19:30:18 | URL | Cooky [ 編集]
その企業名は、あの世界の松下電器
その当事者の名は高木 善之氏

彼のプロフィールについて

小さいときからピアノの名手、大阪大学物性物理学科に入学、当時の学生運動で全共闘の委員長を経験、松下電器に全国でトップ10以内の高成績で入社、コンピュータ開発の責任者のかたわら、オール松下合唱団を設立、音大の専門学科出てもほとんど受からないオーケストラ指揮者の資格試験に飛び入りで参加、これに1発で合格、日本指揮者教会教会理事になる。

http://www.bea.hi-ho.ne.jp/m-chorus/concour.htm
(彼の設立したオール松下のホームページ)
目標は松下電器のトップ・・・のはずが・・・

よりによって松下電機本社前の交差点で大型バイク運転中に反対車線を逆走してきた青年の車と正面衝突・・・全身100箇所以上の骨折、足は全動脈切断でちぎれかかり自慢のピアノの為に大切にしていた手と指が粉砕骨折でぐしゃぐしゃ・・・、骨盤破損・・首の骨を骨折したおかげで全身麻痺、意識不明・・・生死の境をさまよう・・・まだ弱冠33歳なのに・・・

しかし・・・、このとき彼の視点は全く違う位置から、この一連の経過を冷静に眺めていた・・・ 

きゃぁ~~!!

そう、いわゆる臨死体験・・・、生々しい自分自身の手術の様子から、見守る家族とその気持ちまで手にとるように感じていた・・・

その後に、たくさんの光・・・(物理的ではない太陽?)を経験・・・

それから、意識を取り戻し、医者からは「一生寝たきりか良くて車椅子の生活」と宣言される。
絶望の中で半年間は症状は変わらず、足の骨頭の壊死がすすみかえって悪化・・・
当時の松下関係者、合唱団のメンバー、運び込まれた病院の担当者の多くがこの状態を確認・・・

ところが、それから半年後・・・彼は病院を退院し、なんと会社へ復帰、粉砕骨折した指でプロ並みのピアノまで弾いてしまう・・・(なんで?)そして松下の重役にまでなってしまう・・・

これは、決してフィクションではありません

詳しい内容は、彼の著書を読むか、講演ビデオもありますのでそちらを見るなりしてもいいかも・・・

ただ、現在「ネットワーク地球村」を設立して日本最大の環境NGOの代表をしているんですが・・・10年前に、私の知っていた高木氏とはちょっと違ってしまって・・・取り巻きにかこまれてしまい・・・彼も人間です・・・

今回、この話を躊躇したのは、特に感受性の強い女性が、多く信者のようになってしまう例があり・・・他の例で置き換えたわけで・・・
2006-03-16(Thu) 23:57:57 | URL | Cooky [ 編集]
Cookyさん

太陽の暗号ゲットしたのね(=v=)ムフフ♪感想が楽しみですな~いまごろ読んでるよねきっと。たぶん一瞬で読んじゃいそうですね。

 ダビンチコードは、読みましたよ。あれも一瞬で読んじゃいました。推理小説だけど、、リアルな感じで、、読んでいける不思議な話で、著者は、カトリック嫌いだよね!?って思ってしまいます。プププッ (*^m^)o==3
2006-03-17(Fri) 02:19:00 | URL | すー [ 編集]
なるほど、物質的じゃない太陽=その光の事でしたか??
そこが私が思う魂=光と繋がってそうな気もするんですがね?
臨死体験した方の多くがこの光を見ている様です。
臨死体験をすると何かが変わるとも聞いていますが
この方もきっと何か指名があってこの世に残られたんでしょうかねぇ・・。
だけどそういう方を神の様に慕うのは何か違う気もするのですがね?
Cookyさんがおっしゃる事凄い分かります。
で?太陽の暗号は進んでますか??(笑
2006-03-18(Sat) 13:54:48 | URL | くろねこ [ 編集]
ダビンチコード読破したんだね??
カトリック嫌いと言うか著者はきっとその頃からある暗黒の部分にも触れたかったのかもね??
2006-03-18(Sat) 13:56:13 | URL | くろねこ [ 編集]
まだカトリックが沢山あるキリスト教の一分派だったころ、当時の権力層に(今世での数々の悪行について、私の宗派に入れば神から全て許されますよ・・・)という都合のいい条件ですりより、その層の権力と金、軍事力を利用することに成功、巨大で豪華な教会の建築と、対立する他宗派の粛正に血道をあげた・・・
また、敵対する他国の人々だけでなく大勢の親族や身内をもその手にかけた例が日常茶飯事の当時の王侯貴族にとって、輪廻転生やカルマ等の考えは、考えたくもない、とっても恐ろしいものであり、これがローマカトリックの教義で削除されたのも彼らの意向の反映??

てな事がタリズマンにも書かれておりました、ダビンチコードにも同じ考え方の源流があるようですね。

すーさん、いかかでしょ読破された後の感想は?
2006-03-18(Sat) 15:28:14 | URL | Cooky [ 編集]
くろ>

ダビンチコード読みはじめたらどうにもとまらなかったよ。この手の小説も、大好きだね(=v=)ムフフ♪

Cookyさん>
 ダビンチコードを読破した感想は
ですね。実際にある宗教団体オプス・デイとかでてきたりシオン修道会~秘密結社実際に実在するだんたい場所など細かく使われてることに、本当の話にきこえてくる。お話でした。
 でも映画を作製、撮影してるときに~イギリスだったかな??で尼さんの暴動がおきたりしましたね。あのニュースを読んだりすると、まんざら小説だけの話でもないかもね。っておもいながら読破しまししたよ。実際に2000年隠された。秘密があるのなら~おもしろね。

タリズマンも面白そうですね。私もこの手の話は、興味津々ですが~輪廻転生とかは、聖書にほんとは、あったことなんですよね~昔、、別な本で読んだ覚えがあります。

タリズマンネット購入するかな~
2006-03-18(Sat) 17:38:14 | URL | すー [ 編集]
くろねこさん、なんとか太陽の暗号読み進んでおります。

うーん、しかし・・・そういう事ですかぁ(途中までしか読んでいないくせにすいません・・?)、さすがくろねこさんです、するどいっ・・・。(ヨガと菜食生活の賜物なのでしょうか・・・よけいな類推してごめんなさい!?)

な・なんとここでは「物理的な太陽」ではなく「物質的な太陽」ってなってました・・・、またカタリ派の元になったロゴスを重視するグノーシス派も出てきちゃったりします。ロゴスの概念って、うずうずしちゃいますねー(私だけ??)

ところで、わたくし、ここで高木氏の事紹介した手前もあり、久々に彼の主催するネットワーク地球村のサイトへ出かけてみました。そして当時はまった彼の講演の一部である「転生と地球」(題名がぁねぇ・・・社長室でのやりとりの影響みたいですが、あとオーケストラ指揮方も好きでした。)なる自分の臨死体験を語るビデオ(今ではDVDになっておりました・・・時の流れを感じます・・・。)注文してしまいました(4000円もしました、当時は安かったのに・・・組織維持にお金がかかるようになったのでしょうか?)95年当時は、組織化すると宗教みたいになると力説して、あくまで一人の人間としての自分の講演を手助けしてくれるネットワークという形にあれほどこだわっていたのに、松下をやめてから、組織強化へ方向転換してしまいました。

久々に見たDVD、肝心の部分は、時間の関係でだいぶんはしょってありましたが、しかし、くろねこさん見たら、「おおっ・・・??」という箇所がふんだんに出てきます。たとえば、「物質的でない太陽」の中で見た、未来の記憶のあたりとか・・・

ああ、そうそう、彼の講演の協賛には多くの大手メディアや一流企業、ライオンズクラブとかが名を連ねております、超一流企業の中で発生した、普通ではありえない希有な事例である事もさることながら、彼が意識不明から回復してからしゃべった、「大変だ、10年後にソ連が崩壊し、20年後にアメリカが崩壊、そして40年後に世界が崩壊する・・・」という発言があるからです。ソ連の崩壊なんて80年には誰も考えもしませんでしたが現実化してしまいました、そして20年後に9.11が発生してしまいました、そんなこんなで注目されているのです。

でも、私としては彼には、また一人の人間として昔のように、淡々と自分の経験をしゃべるスタンスに帰って欲しいのですが・・・でも、こんな形をとったのも、彼か言うように、もう時間が無いのかもしれません・・・

2006-03-19(Sun) 18:51:19 | URL | Cooky [ 編集]
今Cookyさんのコメント読んでちょっと考える事がありました。
私、もしかしたらその彼の記事何かで読んだ事があるかもしれないからです。
(の割りには忘れてる所が私ですね・・・汗)
確か?ムーって雑誌で紹介された気がします。
ええ・・・私あの手の雑誌もたまに読みますから。。
で、その時すーに力説したのを覚えているのです。
「この世の終わりを予測している人達皆一致して2012年って言ってるよぉ~」
って。実はすーも私も、マヤ文明の予言を信じてたりするからです。

それから本当にこの光に関してなんですが・・・・
私達の魂がもし光としたら私達は過去から未来へ!
って構図じゃなくてもいいと思うんですよ。。
へんてこで全くロジカルじゃない事なんですが、
私達・・・未来から今ここに居るって言う仮設も考えてしまったり・・(笑)
いえいえ・・そんな風に色々な角度で物を考えるのが楽しいだけなんですがね?
Cookyさん~もう少しで太陽の暗示読破ですかね??

ロゴスの概念。。。
そうですよね?確かにギリシャの文化って神様を認めない文化で、
今日の自然科学を発達させてきた文化の様な気がします・・・。
2006-03-19(Sun) 20:17:32 | URL | くろねこ [ 編集]
高木氏の未来の記憶では、将来地球の温暖化がすすみ、南極の氷が緩み、そこに発生した地震が引き金になって大規模な氷塊の崩落が発生、大規模な津波と水位の上昇で沿岸部に集中する世界の大都市が壊滅・・・というものですが、エヴァンゲリオンでは2015年海中に沈んだ東京の町並みの中を使徒とよばれる怪物がエラ呼吸しながら近づくシーンではじまり、その東京の沈んだ原因が南極上で発生したセカンドインパクトという光りの巨人?がらみの謎の爆発で同じような結果になってしまったと・・・
またレントゲン照射しながら粉砕骨折した指を針で突き刺して元の位置に形だけ修復しニワトリの足のようになってしまった彼の指が、半年で外見や動きから常人のそれと全然違わない状態まで回復しているのは、エヴァではエントリープラクと呼ばれるチューブで生き物であるエヴァの心臓の裏あたり(太陽神経叢のへん??・・)に搭乗する主人公とのシンクロ率が400%を超えた時、ちぎれた腕を一瞬で修復してしまうシーンと繋がるのか?・・・

また彼がが臨死体験中、体が地上から離れゆき、非常にリアルな裸眼で見た青い地球を呆然と眺めながら、強烈な光りに飲み込まれていくシーンは、エヴァでも主人公が絶体絶命のシーンになったときに青く揺らぐ光りを見て起死回生していくパターンと似ていて・・・

あと人間は一つであるという彼の主張とエヴァの根幹である「人類補完計画」なるものも・・・

まだまだ山のように続く奇妙な関連性の連続・・・当時、この両方を一緒に見せられた私はア然・・・としました。

ま・所詮はアニメでしょ・・で、簡単にかたづけられない気持が当時したのを覚えてます。
2006-03-22(Wed) 00:47:45 | URL | Cooky [ 編集]
ほぼ確実に彼の記事を読んだと思います。
Cookyさんが書かれてる様な内容でした。
怖いなって思ったり。時同じくしてテレビ番組でも温暖化の深刻さについて語っていて、ぶるっとしたの覚えています。

ますます見たくなりました>エヴァ
今日本のテレビ番組(ドラマ)を借りているのでそれが終わったら一気に見たいと思っていますよ~♪

所詮は○○でしょ?って見解が実は大切な物見逃している場合があるのですよね?
人間って愚かだから、それさえ気づかないんだけど。。
2006-03-22(Wed) 11:03:27 | URL | くろねこ [ 編集]
太陽の暗号・・
2006-03-22(Wed) 22:03:57 | URL | Cooky [ 編集]
途中でEnter間違って押してしまいました。
すいません・・・
2006-03-22(Wed) 22:18:23 | URL | Cooky [ 編集]
(*'_') ジッ 
気になります・・・・。
太陽の暗号・・・で途切れたカキコ。(笑)
途中でエンター押してしまって脱力だったんでしょうねぇ・・分かりますよ!(笑
2006-03-23(Thu) 17:20:11 | URL | くろねこ [ 編集]
ムムム・・・ご指摘のとおりです、くろねこさん・・・、すいませんeditにチャレンジしたんですけど・・・失敗してしまい・・・

ところで太陽の暗号・・・、無事読み終わりました。
今回は他の本と同時進行だったもので、こんなに時間かかってしまいました物質的でない太陽の話や9.11のボーイング機のペンタゴンがらみの話、臨死体験の話、グノーシス派の話、ロゴスの概念の話等今までの話が全部載ってましたねー、(しかし、なぜか取扱いがわずか数行と短い・・・)ビックリしました。
そう言えば昨年末、タリズマンの紹介も含めてハンコックがビートたけしの番組に参加したとき、エハンデラヴィ氏も一緒に出演してましたね確か・・・

2006-03-24(Fri) 00:12:05 | URL | Cooky [ 編集]
すみません<(_ _)>
管理人の私もこのEDITの使い方が今一分からず・・(笑
多分パスを入れないと編集出来ないんでは?って思っています。

で!!読み終わった感想はやっぱり色々なモノがリンクされてたって感じですか??なるほど・・・・。
かなり繋がりはあると思うんですよ?
で~ビートたけしのあの超常現象の番組ですよね?
出てたんですか???私が見たのはタリズマンの著者が出てたやつです。
2006-03-25(Sat) 09:51:40 | URL | くろねこ [ 編集]
エハン氏、出ておりました。
ただハンコック氏とは違う、肯定派側の後ろの席だったと思いますが、2度ほどアップになりました。少々エラの張った、筋肉マンでないチャックウィルソン???って感じの人です。

2006-03-25(Sat) 11:48:21 | URL | ななしさん [ 編集]
出てたんですね??チャックウィルソン風。。。
なんとなく見た気もしますが何せだいぶ前の番組ですのでちょっと記憶は曖昧です・・<(_ _)>

あの番組でディベートしている人達がかなーリ面白くって笑いますよね?
2006-03-26(Sun) 07:53:30 | URL | くろねこ [ 編集]
久しぶりにIEの大掃除やりまして、自分のクッキー削除したら、Cookyまで削除してしまい???ななしさんに・・・って、アメリカンジョーク・・・??

ところであの番組、いろんな人出てますよね、後ろの席あたりに・・・、たしかパンタ笛吹(牧 まさお氏)さんあたりも出てたような気がします、知ってます?(ふざけた名前ですが・・・)アメリカでロックンロールすしバー??で成功し、その財力?で世界中の不思議な事例を捜し回っては真偽のほどを実にシビアな視点(結果として??)で探求している、自称グルバスターで「裸のサイババ」という暴露本出したり、ミステリーサークルを調査して制作スタッフを突き止め、テレビ番組で再現したりする面白い人物です。
一見ニューエイジっぽい人の印象があるのですが、やってる事は実に実証第一主義???だったりします。ちなみに彼も小さい時に臨死体験してます・・・。

いま、その彼が、あれほど密着して唯一解明出来ていない不思議な現象が、ドクターフリッツについてのそれくらいでしょうか?

知ってます?、ドクターフリッツ??
2006-03-26(Sun) 11:01:22 | URL | Cooky [ 編集]
やっぱりCookyさんでしたね♪(´▽`) ホッツ

で、パネルの人で印象的だったのはやっぱり矢追さんかな?
出てましたよね??実は友達のお父さんなんです!(笑
家にもお邪魔した事ありましたがやっぱりUFO物で一杯でした。
そのパンダ笛吹さん?私顔見たら分かるかもですが
名前だけではピンと来ませんねぇ・・。
実証主義の人はやっぱり論理的に物事説明出来てる気がしませんか??
そして、又新しい課題が出ましたよ!(笑
Cookyさん!ドクターフリッツの説明お願いします!!
私分からないです!!(哀願)
2006-03-27(Mon) 19:33:38 | URL | くろねこ [ 編集]
医師の資格も免許も無いのに、トランス状態になると、わずか1日たった一人で、千人近くの患者を麻酔なしで手術、治療して癒してしまうブラジル在住の医者で、報酬はほんのわずか、安い大衆車をローンで買い、アパート住まい。
治療に使うものは、体内に入ると劇薬、油絵の薄め液テレピン油と工業用アルコールの入った使い回しの注射器、さびたメス、場合によると電機ノコギリ・・・(頸椎をガリガリ!!やっちゃいます!?)ブラジルの医師会から訴訟を受け、何度も刑務所に入った経験あり・・・、パンタ氏本人の撮影したビデオにはその生々しい映像が、これでもかっ!!って出てきます。

しかも、その間は本人(ルーベンといいます)の意識は全くないのです・・・

今まで沢山の不思議なものを結果として??白日のもとに解明してきたパンタ氏が長年密着取材してきて(フリッツ自身、逃げも隠れもせず、手術現場もすべてオープン、取材拒否いっさい無し・・・)、どうしても解明できないままになっている実に不思議な現象なのです。
2006-03-31(Fri) 11:06:11 | URL | Cooky [ 編集]
すーさん、スターゲイトって新しいものでてたんですね、先日レンタルビデオ店いったらありました・・・、昔のスターゲイトしか頭に無かったので・・・、今度借りて見てみます。

2006-03-31(Fri) 11:15:42 | URL | Cooky [ 編集]
お答えありがとうございました・・・
う~~ん、なんとも摩訶不思議な話ですねぇ~
本当にあった話なんですね?
でもこの世の中存在しない物として知られる物が
実は存在していたりブレインウォッシュされた
人のマインドが見える物を拒んだり
私達が見えないディメンションがあったりとか言われてますよね・・・。
そういう所に答えが隠れてるんでしょうかね??
2006-03-31(Fri) 15:30:15 | URL | くろねこ [ 編集]
現在進行形の事なのです。

ちなみにパンタ氏のフリッツに関する書籍はこちら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4899760159/250-7967081-8666632

ビデオはこちらです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4899760256/qid=1143802804/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/250-7967081-8666632
どちらも、はっきり言って面白いですよ、リアリティいっぱいで・・・

2006-03-31(Fri) 20:10:17 | URL | Cooky [ 編集]
うわぁ~~~本当にパンタさんが書いてる本なんですね?(笑
ついついそれに目が行ってしまいました・・。
現在進行形と言う事で俄然気になります。
色々謎が多いですよね??
彼の手にかかると治ってしまうんですか?
科学的に難しい状況とかあるじゃないですか?
例えば・・・さびたメス?コレって・・・絶対にばい菌とか入りそうですがそれは凡人が考える事でしょうか?(笑)
ブラックジャック風?と最初思ってしまいましたがちょっと違う様ですね~
日本に帰ったらたくさん買いたい本が増えました!
Cookyさん~本屋さんでのPR絶対にいけますよ!(笑)
2006-04-01(Sat) 19:29:56 | URL | くろねこ [ 編集]
わたしがドクターフリッツについて興味を持ったのは、彼(ルーベン)がトランス状態になり、別の人格(ドイツ人医師ら)が猛烈な勢いで手術を行い(さびたメスで直接眼球を削ります・・・、注射の回し打ちでも感染は無いそうなんです・・・??)、患者と会話をしながら体内深くから、大きな病巣を鉗子でつまみ上げたりする、それをビデオや写真に納めようとしても全く隠しもしない・・・
それに実は、なんと彼で5人目のドクターフリッツなんです。それもいいまでの4人は、それぞれ前もって知らされた日時に確実に死を迎えているんです・・・5代目のみが指定された死亡日を生き延た・・・なぜ・・・

こんなフリッツ現象みていると、人間の精神や肉体ってほんとのところは一体どういう構造になってるの???って考えちゃうんですよねー、われわれはいまだに一番身近な自分のことについて、いまだにふるーい地動説にとどまってしまっているんじゃないかと思うんですよね・・・
2006-04-01(Sat) 20:07:09 | URL | Cooky [ 編集]
昨日スターゲート借りました、むかーしタイムトンネルって番組あったんですが(古すぎ・・)その逆バージョンですね、こちらから未来や過去にいくのではなくて、相手がスターゲート(発掘された太古の線画をコンピュータ解析して組み上げた??)を使っていろいろと頼み事しにくる(笑
それを戦々恐々とアメリカの軍人が銃器かまえて恐る恐る迎える・・・って感じ、それにスタートレック的なものも入ってますね、色んな風刺なんかもそれとなく短く入ってたりして・・・面白かったです。
すーさんの感想聞かせて下さい(哀願??
2006-04-01(Sat) 20:17:21 | URL | Cooky [ 編集]
うーん、わたくし、この本やビデオのパッケージでルーベンの背景にある絵が気になるんですよ・・・

中心に白い光の収束点があり、そこに子供の絵(へたくそだけど・・)が書かれていて四方八方に光の束が広がっている、そしてその一つがイエスとおぼしき人に鳩の形をとって降りている・・・

人間が生まれてくる前に、みんな持っていた共通の認識・・・、われわれが今、当たり前と疑わない物質的な荒い秩序ではなく、もっと繊細な、高密度で物質に秩序を与え、結果として生命を生み出す「物質的でない光」・・・その象徴としての子供(へたくそだけど・・・)そして、そこからみんなに延びている光、その下で笑うルーベン(フリッツ)うーん・・・

ところで、このページ、ちょつと深く(長く)なりすぎてません?私が自分勝手に長々と書き込むものだから・・・(すいません・・・


2006-04-02(Sun) 00:05:44 | URL | Cooky [ 編集]
アマゾンでも紀伊国屋でもいいのですが、あの世界のソニーの創業者の「井深 大」について検索してみると、面白いことに技術やマネージメントの関係の本はほとんどなくて、昭和30年あたりから、彼の晩年までに書かれた幼児教育の本ばかりがズラズラーっと出てくるんです。
私が小学生のころ、学校がソニー賞に選ばれたとかで、大きな水槽がプレゼントされた事があるんですが、彼の本を見ていくとその経緯が見えてきます。
彼の持論は、「世界中でおなかの中にいる頃から幼児の頃までの母親との接触をちゃーんととれるようになったら、この世の中から戦争がなくなるよ・・・」で、世界中の一流の専門学者の研究事例をたくさんあげて解説しています。世界の大企業ソニーを維持、発展させている大忙しで時間の無いはずの彼が・・・。
彼の主張については、下記ホームページが参考になります。
http://www.sony-ef.or.jp/eda/welcome/explanation/index.html
彼がこの世からいなくなって、ソニーは彼のソニー設立のポリシーから大きくそれてしまい、利益追求型企業に変わり、低迷してしまっています。

ここで、Cookyが、何を言いたいかといいますと・・、上のくろねこさま・・・ の絵の内容とからんでくるのです。

うーん、理解してもらえるだろうか??
2006-04-02(Sun) 12:29:11 | URL | Cooky [ 編集]
興味深く読ませてもらいました!
あ~ここのレスが長くなる事はお気にせずに!
皆さんがご自由に書き込める為のコメント欄ですので。
それが嫌だったらコメントはずしていますから大丈夫です!
(いたずらカキコなどは速攻削除するんですがね?笑)

で!!Cookyさんが何をおっしゃりたいか絵の内容と絡んでるという事ですが
やはりポイントは光なんでしょうか・・・?
ダメです、頭がさせてないので分かりません・・・(黙)
ただ、ソニーの創業者の井深さんが庫の様な発想をお持ちだとはとても興味深かったです。
やっぱり成功者の影には何らかのセオリーがあるとは思いますが・・・。

とにかく物質的ではない光・・・これが凄く深い意味を持つと言う事は確かでしょうね?
でも、本当にイエスキリストの様ですねぇ・・・??
2006-04-03(Mon) 15:42:43 | URL | くろねこ [ 編集]
豪雨お見舞い、申し上げます。(月並みですいません・・・
しかし、そちら大変な事になっているようですね。
ただでさえ、お仕事にホームページの維持管理にと、てんてこ舞い??のくろねこさんですから、あまり無理しないでくださいねっ。

とにかく物質的ではない光・・・これが凄く深い意味を持つと言う事は確かでしょうね?
でも、本当にイエスキリストの様ですねぇ・・・??


ところで、ハンコックによると、グノーシス派やカタリ派の考え方では、「キリスト」って人ではなくて・・・

キリスト=光って意味らしいのです・・・、だからイエス・キリストって「物質的でない光」との繋がりを実感できるイエスって人・・・って意味らしいんです。。。

面白いでしょ・・・

2006-04-03(Mon) 23:16:23 | URL | Cooky [ 編集]
お見舞いのお言葉ありがとうございます!
やっぱり・・地球全体がクレンズの時期に入ってきてるんでは??
って思わずにはいられません。
(各地で起こるこうした自然災害)
で、私ですね?(笑)てんてこ舞とまでは
行きませんがパタパタしていますよ!
でも無理せずに自分の出来る範囲でやっています♪

さて??Cookyさんやっぱり光=キリスト
って事でしたか??
って事はイエスは一人ではないって事ですよね??
あれれ・・違うかな?
物質的でない光との繋がりを実感できる人は
複数なはずですが・・・???

そして、もちろん・・・面白いです!
2006-04-04(Tue) 18:56:23 | URL | くろねこ [ 編集]
むかーしは皆が実感していた・・・

でも、忘れたふりをしている・・・

前出の高木氏の「転生と地球」(この題名嫌いですが・・・)の中で、切れ者の彼が、小さな頃の大きな疑問について、結構長いページをさいて述べています。えっ、この人もこんな疑問、心の底に持ってたんだ・・・とびっくりしました、たぶん井深にもそんな思いがあったんだろうと思います。私も同じような疑問を感じたことを覚えています。、内容については、書籍なりビデオなりで直接確認したほうがわかりやすいと思いますので、ここでは深く立ち入りません・・・

いま、もういちど記憶の押入から引っ張り出して虫干しする時期に来ているのかもしれません・・・
2006-04-04(Tue) 23:47:15 | URL | Cooky [ 編集]
本当に今度日本に行った時にチェックしなきゃならない本が増えて
今から本屋さん行くのが楽しみです!(本屋好き!笑)
Cookyさんが言う様に、もしや・・・答えは記憶の中にあるのかもしれないですよね?
だけどそれをどう呼び起こしていいのか
きっと分からない人が多いのかもしれない。
何故ならきっとその記憶って言うのは前世の記憶なんでは?
って思ってしまいました・・・・。
たまーにデジャブがある人(私も含め)はきっと自分では知らないうちに
その領域に入りこんだのかな?とも思うんですけどね。。。
2006-04-06(Thu) 06:49:55 | URL | くろねこ [ 編集]
地球にも、洪水でクレンズして腺の流れとかスムーズになったりして・・・

ちなみにCookyは、イオナミン使ってます。

2006-04-06(Thu) 23:10:03 | URL | Cooky [ 編集]
あ!貴重な情報ありがとうございます~♪>イオナミン

本当に・・・・クレンズですよね?
これをノアの箱舟に例える人も多いんですよね~
この先もっと自然災害が増えそうですね。
でもそうさせてしまったのは人間なんですがねぇ。。
2006-04-08(Sat) 12:21:20 | URL | くろねこ [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-04-15(Sat) 13:06:59 | | [ 編集]
昨日、ダビンチコード買い込み、半分ほど読み進みました。
うーん、内容はフィクションでも、団体名、史実は本当なんですね・・・

また読み終わったら感想書き込みします・・・。

しかし、尼さんの暴動分かるような気がします・・・
2006-04-16(Sun) 19:46:00 | URL | Cooky [ 編集]


エハンデラヴィ氏著、その名も「キリストとテンプル騎士団」・・・
URLはここです。
http://echan.thd-web.jp/

タリズマン、ダビンチコード・・・、どうも今年はキリスト教って(宗教全般の問題?)いったい本当のところ何なの・・・と自問自答する年??
2006-04-19(Wed) 21:14:14 | URL | Cooky [ 編集]
もう、そろそろ・・・・、おいとまする頃合いかなと思います。

思えば長いこと、おじゃまいたしておりました。

と、いうことで、そろそろこのへんで・・・

さようなら・・・、いろいろと貴重なコメントありがとうございました。

Cookyでした。
2006-04-23(Sun) 14:49:37 | URL | Cooky [ 編集]
きゃぁぁ~~Cookyさん!コメント頂いてたんですねぇ~
ごめんなさい<(_ _)>気づきませんでした!!
さて~こちらではダビンチコードが映画化されて賛否両論です!
かなりセンセーションだった様ですねぇ~
とにかくCookyさんには色々な情報を頂きました!
本当ありがとうございます!
最後のコメントはなんだか、寂しい感じですねぇ~(笑
こんなブログですが、良かったら又お立ち寄り下さいね♪♪
2006-04-23(Sun) 18:25:01 | URL | くろねこ [ 編集]
ご無沙汰しております、クッキーです。

もーそろそろクロネコさんがこのページを立ち上げてから半年以上経過したこともあり、さすがに「タリズマン」買われた頃かなーって思って書き込みしました。

ただ、書き込みに気づいてもらえるかどうかが心配ではありますが・・・



2006-07-23(Sun) 23:34:44 | URL | Cooky [ 編集]
お久しぶりでございます♪
そして書中お見舞いありがとうございました<(_ _)>

実は私、本当~~に多忙な日々を過ごしていて読書する
時間が全然無いのです。
なので・・・・・「タリズマン」全く持って読めてないです(涙)
もう少し経てばこのパタパタもおさまり読書タイムが
もてるかな~と期待してます!
Cookyさんも暑い日には無理せずお体に気をつけて下さいね。
2006-07-24(Mon) 18:02:41 | URL | くろねこ [ 編集]
うーん、なんかここに書き込むのって久々ですよねー
相変わらずクロネコさんもパタパタと? お元気そうだし、ほっとしました。

し・しかし・・・

私がここを留守している間、な・なんとクロネコさんがベガス旅行に・・・・  って・・・  
「エジプトはどうなったんだぁー、どうせ行くならギャンブルの聖地ではなく、ちょっとくらい中がカビくさいの我慢してピラミッド・スフィンクス探検でしょ・・・、金儲けという、とてもはっきりした動機で出来たビル群と、そこんとこが全く未知な巨大建造物の魅力を秤にかけて、なんでベガス・・・が勝つかなぁ・・・」って思わなくもなかったと言えば嘘になるCookyでした。(たぶんクロネコさんの事だから、何か深い考えがあったに違いないに違いない・・・)

久しぶりにフラッと現れたと思ったら、好き勝手な暴言の数々・・・すいません・・・・。

すーさん、お元気ですか ?ダビンチコード、本も映画も面白かったです。



2006-07-24(Mon) 23:32:46 | URL | Cooky [ 編集]
あい。行ってしまったんです、SIN CITYへ。
まさに罪作りな街でした。なんでもありで人の欲で
成り立つ街ですから~
って分かってるのに何故に行く?ですね?(爆)
いやいや、そこは凡人、やっぱりあのチカチカライトや
あふれ出す人からのエネルギーに酔いしれた訳ですよ。(笑)
そして、私の様に世界一週はまだ行けそうも無いかな?族には
あのベガスのレプリカなんちゃって各国が非常に
楽しかったりするんです。
私ちなみにフロリダのディズニーワールドのエプコットセンターも大好きです!(笑)

と言うわけで全然深い考えなど無くベガス旅行を楽しんだ訳です・・・
やっぱり、修行がまだまだ足りませんね?(笑)
すーは元気ですよ~ちょっと北の話で盛り上がりました!(謎)
2006-07-25(Tue) 20:41:11 | URL | くろねこ [ 編集]
 以前、クロネコさん、「友達のおとうさんが矢追 純一さんで、家まであぞびにいった事ある・・・」と言ってらっしゃいましたが、なんか面白いエピソードとかなかったのでしょうか ・・・?

 実は、ご存知かと思いますが、「神々の指紋」の上巻にピラコチャって白人の神?さま?が出てきます。彼は当時の野蛮な風習を持つインカ?の人々に、平和とさまざまな技能を授け、「必ず戻る・・」と言い残して去っていったのですが・・・実際にやってきたのは残酷な白人のスペイン人でした。

 しかし・・・ ひとつ気になるのは、この時期に多くのインカ・アステカの人々が住みなれた町を、そっくりそのままにして忽然と消え去っているのです。この話は古くは ? 私が小学校の時代に地理の先生に最初に聞かされた事に始まり、その後、あちこちの書籍でも目にしました。
 結局、現在の一番有力な説は、スペイン人の持ち込んだ新しい病気に感染し、免疫のない彼らは、村落ごと滅亡してしまった・・・という説なのです。そしてマチュピチュのような無人の廃墟だけが残ったと・・・。

だから、それでどうした・・・と ?
 なんで、矢追さん? ・・・と

 いや、実は以前に放映された矢追氏のUFOものの番組の中で、中南米に近い、あるアメリカの町に、巨大なUFO(2・3Kmの直径??の・・・)が現れ、多くの人々に長時間目撃され、市議会でも議題として取り上げられたというものがあり、仕事上でクリントン元大統領ともつながりのある家族のインタビューなんかもされてました。その奥さんや子供の証言ではUFOの窓のところに何人もの人影らしきものが見えたということでした。

だからどうした・・・って ?

うーん・・・、これは、何のリアリティも根拠も全く無い説なのですが・・・

もしかして、スペイン人と同時期に「ピラコチャ」も帰ってきていたりして・・・ そして彼らを「ある乗り物」で移住させた・・・ どこへ・・・

仮説です・仮説・・・あくまでCookyの仮説なんですが・・・

その彼らが帰郷?して、目立たない夜間に上空から懐かしい故郷をまじまじと眺めた・・・ってのは・・・

出来すぎた話ですよねー

でも、以前「ふっ・・・」と頭に浮かんで、気になってしょうがなかったものですから・・・

あくまでも、何の裏づけもない私の仮説にしす過ぎませんので・・・

 まあ、そんなこんなで矢追さん興味あるんです。そのお友達から聞いた面白いエヒソードありましたら、パタパタしてないお暇なときで結構ですので、ぜひお聞かせいただければ・・・

わがままなCookyからのお願いでした。

 

2006-07-26(Wed) 20:47:44 | URL | Cooky [ 編集]
矢追さんの家に行ったのはそれこそ私が中学校の時
なのでかれこれ・・(遠い目)30年近くも前の話なんですねぇ・・・。
その頃からUFOの事は調べてたみたいですがまだTBS(多分)
のどこか、普通の番組のディレクターをしてた気がします。
後にUFOと言えば矢追さん!ってテレビで見てびっくりしましたが
残念な事にその事について話た事は全くないのです。
ごめんなさいね~面白いエピソードが無くって・・・<(_ _)>

でまたまた面白い話、出てきましたね?
この辺の話、すーが鼻息荒くしゃべり出しますから!(笑)
きっと答えを持って現れるはずです!

で、私はCookyさんの仮説?なかなか面白いかも!
って思いました。。
仮説だったら他にも色々ありそうですね~
2006-07-28(Fri) 20:13:32 | URL | くろねこ [ 編集]
私の遺作になるかもしれない・・・という書き出しにつられて?「矢追純一のUFO大全」完全保存版買ってしまいました。

 よりによって、この時期にタイミングよく見つけてしまったものですから・・・

 矢追さんの著書を購入するのは、生まれて初めてです。以前録画していた番組のそれに詳しい解説をつけたような書籍です。番組では伝え切れなかった部分について、詳しく知ることができました。

しかし、私としては自分で直接見る事が出来るものか、よっぽどな客観性がないと・・・

でも、メキシコやブラジルなどの中南米ってUFOのメッカってとこ気になりました。

でも、ちょっと・・・

しかし、すーさん現れませんねー
期待してるのに・・・




いかがです?

2006-08-01(Tue) 21:39:08 | URL | Cooky [ 編集]
すーは只今ちょっとパタパタなんでここに現れるのは難しいけれど
Cookyさんのカキコは読んでますよ~
電話で話しながら見てましたから!(笑)

で、そうですか?矢追氏の本買われたんですね?
私はUFOや宇宙人肯定派ですよ。
この世に存在するのは人間だけ!って考えの方が不自然な気がするからです。
こんな事を書き込むと又おかしな人?
って思われてしまうかもですが・・
我が家の2匹いるうちの1匹?どうしても
彼女宇宙人チップが入っている子に思えてならないんですが・・・(笑)
私達が普段生活していても普通に周り見ても実は
宇宙人だったりするんでは?って思う人が実際に居ます。
それはスパイと同じで潜んでれば分からない事ですものね?
って真面目にこういう事を語ると変わり者
扱いされてお話にならない様です・・
失礼しました!(笑)
2006-08-02(Wed) 06:10:05 | URL | くろねこ [ 編集]
 実は臨死体験・・・って状況を、人為的に作ってしまおうという試みを行っている有名な研究所がアメリカにありまして・・・

 その機関ってのがモンロー研究所っていう所なんですが・・・

 彼らの調査では、臨死体験をした人たちって、金縛り状態になって、うんうんともがいているうちに、肉体から意識だけスポッと抜け出る例が多いという統計から、体を睡眠状態に、意識を起きている状態という環境を人為的に作る事で、臨死体験を身近に簡単に体験できないか・・・という事で、右耳と左耳から、同時にそれぞれ体をリラックスさせる周波数の音と意識を澄ませる周波数の音を聞かせ(本人の頭のなかでは、音のうなりが発生しちゃいます、ちなみにこの音の事「ヘミシンク」って言っています・・・)臨死体験を実現させているらしい研究所なんです。

 ちなみに、このシステムを開発したモンローさん、音響関係の仕事をしていて、ある日、偶然に自分の身に起こった体外離脱の経験を元に、こんなシステムを考え出したのですが・・・

 さあ、ここからが本題です・・・。

 彼が、一番最初に体外離脱を経験したときに、一番びっくりしたのは、

  「なんて多くの猫たちがいるんだっ!! ・・・」

って事らしいんです・・・

 なーんと、あの、のんびりと幸せそうな顔して、昼間っからうたた寝している彼らって、実は体から離れて体外離脱三昧 ?の優雅な生活をしていた・・・?

我が家の2匹いるうちの1匹?どうしても彼女宇宙人チップが入っている子に思えてならないんですが・・・(笑)
 という、くろねこさんの思いが、その子のどんなしぐさを指しているのか私には分かりませんが、実はそんな所に答えがあったりして・・・

ちなみにモンロー研究所のURLは・・・
http://www.monroeinstitute.com/
です。

 

2006-08-06(Sun) 09:20:06 | URL | Cooky [ 編集]
凄いですね!!Cookyさんの知識には脱帽です!
きっと色々と勉強されてるのでしょう。
あ、勉強って言うよりかはリサーチですかね?
私このモンローさん全く知りませんでした。
後でゆっくり読ませてもらいます。

やっぱり猫=ミステリアスってイメージも何か
あるんでしょうか?
だいたいあの光る目からして何かエイリアンと
共通点を感じてしまうシンプルマインドな私。
でもね、本当に彼女達全然飼い主の言う事を聞かないそぶりして
実はすごい賢いんですよ?
体外離脱で多くの猫を見たその背景には何かあるんでしょうね。。。
興味津々です。いつも面白いお話ありがとうございます♪
私、最近頭がフニャフニャで本当に何のナレッジもありませぬ、
時間が出来たら私もリサーチしなきゃですね?
まずは本を読まなきゃ。。
そうそう!すーがタリズマンを手に入れたと言ってました。
多分・・・後少ししたらここにも感想を引っさげて
登場するはずです!
お楽しみに♪♪
(で、Cookyさんご自身のブログは無いのですか?
あったらいいなぁ~と思ったので!笑)
2006-08-07(Mon) 19:07:49 | URL | くろねこ [ 編集]
 私には不相応なお褒めのお言葉・・・ありがとうございます。

 ところで、ここでお詫びがあります・・・

 前回の「猫とモンロー・・・」、文章が一部乱れておりました、分かりづらかったと思います(以前の私の書き込みにも幾つかありましたが、ここまでのものは・・・)、すいません。
 じ・じつは・・・使い慣れたパソコンの故障の為、急遽買い換えたソニーのB5ノート・・・「おお・寝ころびながらでもインターネットできるじゃないかぁ・・・うわーい!!」と遊んでいたうちは良かったのですが・・・あまりの快適さに途中うつらうつらしてしまいまして、送信したあと見直してみると前後の脈絡がへろへろになっておりました・・・

 ところでタリズマンにもありましたが、ロゴス(ゲーテいわくもっと光を・・・って感じの追及のしかた・・)ってのが答えを見つける方法としては理想ですよねー

 「うーんおかしいなぁー、ほんとはどうなってんだろう・・・」と思い・考え続けていると答えらしきものが、自分から寄ってきてしまうってのが最高だと思うのです・・・、知識って誰かがそう言っているからって基本的な部分がブラックボックスなのに、そのまま丸のみして分かったふりをするわけで・・・、宗教みたいでいやですよね、ましてやその為に、いがみ合いや殺し合いまでしてしまう・・・

 ものごとを理解する方法って、言葉や文字にばかりに頼る方法ではなく、平行してもっと別のやり方もあるのだと、かのゲーテは言いたかったと思います・・・(この電球のコマーシャル、ちょっと若い世代に使って全く通じませんでした・・・は・恥ずかしかった・・・

 ところで、すーさん、ほんとに来るんでしょうか・・・

 ああ・それと、ここ見てる人って、他に何人くらいいるのでしょうか・・・近頃ちょっち気になります・・・

 いないと思うけど、もしいたら書き込みしてくれないかなぁ、何でもいいんですが・・・

 たぶん、いないんでしょうねぇ・・・
2006-08-07(Mon) 22:49:28 | URL | Cooky [ 編集]
そうですよね?知識って多分何か読んだり見たり
したから即知識に繋がるわけでもなく自分の考えてた事を
サポート出来る情報と出会った時にそれが初めて知識になるんだと思います。

人は文字や目に見えるモノだけを信じそれで
物事判断しがちですが、他にも自分の勘や自分
が感じ取る空気からも色々な答えを得る事は
可能なんではないかと思ってます。
ただそれが【非科学的な答え】と言う一言で終わってしまうのも分かってるんですがね?(笑)

すーは只今ちょっとパタパタなので当分はこれないかも・・
他にここを読んでる人で面白い意見の方が居たら
是非書き込みして欲しいけど・・・
多分、居ないかなぁ・・・?(笑)

人はやっぱり自分の知らない事や違った事には
警戒する習性がありますものね?
私は自分の知らない事は冒険であり
違った事は人生のスパイスだと思ったりするんですが。(笑)
2006-08-08(Tue) 18:56:45 | URL | くろねこ [ 編集]
 あの「神々の指紋」の翻訳者で以前にも紹介させていただいた大地 瞬氏が な・なんと 体外離脱の経験とモンロー研究所について語っております。

 なんとタイムリーな発見・・・

 http://www.kitombo.com/peterpan/back.html

 ネコに出来て、なんで私に出来ない・・・

 強く感じるこのごろです・・・

  

 
2006-08-08(Tue) 23:32:51 | URL | Cooky [ 編集]
面白いですね~
モンロー研究所とても興味あります。
ちょっとリサーチした所、
FBI捜査官超能力者と紹介される、ジョー・マクモニグルは
ロバート・モンローの義理の息子なんですね?
とにかく・・・時間がある時にもうちょっとリサーチしてみますね♪


2006-08-09(Wed) 19:15:07 | URL | くろねこ [ 編集]
 クロネコさんも既に見つけられた事とは思いますが、下記は大地 瞬氏が直接ハンコックに確認した情報だそうです。

 ・・・グラハム・ハンコックに「モンロー研究所に興味はありませんか?」と聞いたのだ。グラハムは「すごく興味がある。今年にでもモンロー研究所の講習会に出席したいと思っている」とのことだった。
http://www.kitombo.com/peterpan/0306.html

うーん、面白い展開になってますねー

「神々の指紋」の翻訳者っていう立場で、まさかでまかせは書けないと思いますので・・・事実でしょう

ところで、クロネコさんにひとつお尋ねしたいことがあります。 ( なんと唐突に・・・

クロネコさんがピラミッドに強く興味を引かれたいきさつって・・・

私の場合は「ハリウッド映画の嘘」ってのが、その一つとしてあります。

ここで、経緯を書き込み始めると、そただでさえ長い書き込みが深みにはまりそうなので・・・

お暇な時で結構ですので・・・


2006-08-10(Thu) 21:24:20 | URL | Cooky [ 編集]
本当に面白い展開ですね?
ハンコック氏とモンロー研究所の繋がりって凄い
興味ありますよね?

で、私がピラミッドに惹かれた理由はただ一つ。
自分がピラミッドが作られた時代に多分そこに居たと思うからです!(笑)
なんとも曖昧な理由ですが、デジャブーやら
懐かしさやらでピラミッドや石畳を見ると鳥肌が立って仕方ないんですよ。
もちろん猫が好きなのも何か関係あるのかな?
って考えたり・・・・。
Cookyさんが興味を持たれたいきさつ、もちろん長くなってもいいので是非語って下さいね♪
2006-08-11(Fri) 11:21:09 | URL | くろねこ [ 編集]
 私がまだ幼いころ、テレビで古代エジプトを取り扱った洋画が放映された時のことです・・・

 当時の私は、大人の提供する情報、それもアメリカ人が大勢のスタッフまで動員し多額の制作費を費やしてまで提供する情報って絶対に間違いないものだと思い込んでおりました。まさか経済の論理(金儲け)の為だったら上っ面だけ帳尻合わせて、あとは内容なんて適当に作ってかまわない・・・などというとんでもない考え方が世の中にあるとは思ってもいなかったのです。

 その映画の中では、巨大な石をロープひとつで引っ張る大勢の奴隷たちと、その石の上に乗りムチを振るう監督の姿が映し出されておりました。
 また、映画の中では、クレオパトラ似の后?が王の死にともなって、せっかく作ったピラミッドに封印され、砂で生き埋めにされるという結末でした。

 な・なんという事でしょう・・・、夢のいっぱい詰まっているはずの「世界七木不思議のピラミッド」が、このような「恐ろしく悲しいしろもの」でしかなかったのか・・・幼心に大きな違和感を覚えました。

 あとになって、あのエジプト学者の吉村先生の子供向け番組のなかで実際に子供二人と大人二人で250Kgの石を実際に、てことロープを使って動かす実験をしておりました。結局彼らは平坦なアスファルトの上で、やっとの思いで少々の距離を移動させることが出来たのですが・・・、また
2006-08-12(Sat) 12:21:55 | URL | Cooky [ 編集]
 はからずも、後編作ることになってしまいました、Submit押しちゃったみたいで・・・ゴメンナサイ2度目です。

 ・・・ あのユネスコ製作のピラミッドに関するDVDの中でも、大の大人4名が砂漠の中で必死の形相でちっちゃな石を引っ張っておりました。

 日本のお城の石垣ひとつ見ても、重機使わずに人間の扱える石の大きさ、高さってのは、決まっているわけで・・・ましてや140メートルなんてとんでもない高さまでつみあげられる訳が無いのです。当然引っ張っているあいだに石灰岩なんて下の部分から欠けていくに決まっているわけで、カミソシの刃一枚入らない組上げなんてありえない訳です・・・。

 また積み上げた工法として傾斜路方式もラセン階段方式も、物理的に絶対に無理という事も分かっております。

 以前に、テレビ番組の特集で先の吉村先生とあの、今は亡き「宜母 愛子」さんがエジプトまで出向き、ピラミッドを霊視するという、とんでもない番組がありました。私は見そびれてしまったのですが後で宜母さんのホームヘージでその内容を確認しました。な・なんとそこで彼女は「当時の人々は石を空中に浮かせる事が出来た・・・」「宜母愛子 ピラミッドの謎に迫る」(1992.12.29(火)、日テレ、18:30~21:00)と公言しているのです。

 そういえば、石工って英語で「Mason」ですよね・・・、石を空中に浮かせる「石工」って「フリーメイソン」って事にならないのでしょうか・・・フリーメーソンの一員が考案したアメリカの1ドル札のデザインに、例の奇妙なピラミッドが描かれているのは有名な事実であるわけで・・・

 そんなこんなで、ハンコック説にはホッとさせられたと同時に興味を持ったわけです。

 以上、長々と書き込んでしまいました・・・

 いかがでしょう? こんな感じで・・・

 
2006-08-12(Sat) 13:10:08 | URL | Cooky [ 編集]
あのgoogleマップが面白い映像を配信しております。

これ、前もってことわっておきますが、すべてあのgoogleの現在配信している衛星写真です。

フロリダの衛星写真なのですが、住宅街の上をご覧ください。
な・なんとUFOが・・・ 気球でしょうか・・・

http://maps.google.com/maps?q=33409&ll=26.748651,-80.074550&spn=0.005622,0.007875&t=k&hl=en

こちらには六芒星のマークが・・・
http://maps.
google.com/maps?ll=37.400712,-116.866862&spn=0.010139,0.013958&t=k&hl=en

この写真の左側にあまりに大きな巨大な三角形が・・・
http://maps.google.com/maps?ll=37.629311,-116.848698&spn=0.040555,0.055833&t=k&hl=en

こちらは巨大なバッテン・・・

http://maps.google.com/maps?ll=37.201595,-117.176571&spn=0.081110,0.111666&t=k&hl=en

googleのマップ担当者のイタズラ?あるいは配信元かも・・・とも思いましたが・・・いまだに更新していないという事は・・・もしかして本物??

話が再び矢追さんカラーに染まってきた感があります・・・

google画像版エリア51・・・
けっして私はUFOマニアではありませんが・・・

こちらは、私としては懐かしい映像です・・・メキシコ空軍が麻薬密売摘発のため飛ばしていた、専用監視カメラ搭載の監視機が偶然撮影したUFO映像です、当時結構話題になにりました、政府公認のUFO映像です・・・まだこんなところにありました。
http://www.youtube.com/watch?v=35jolCqH9_I&eurl=

いったいぜんたい何なんでしょうか???

この話題でこれ以上話を煮詰めても、なにも出てこないと思いますので、次回からは話をモンロー研究所に戻したいのですが・・・

Cookyの身勝手お許しください。
2006-08-12(Sat) 22:47:50 | URL | Cooky [ 編集]
六芒星のマークのURLが途中で改行されていてシ゜ャンプできない状態でしたので再掲します。
http://maps.google.com/maps?ll=37.400712,-116.866862&spn=0.010139,0.013958&t=k&hl=en

あと、もひとつ重大な補足が・・・( 実は99パーセントまで書き進めたものがクリアされてしまい、慌てて書き直したもので・・・ うーんなぜ・・・
上の3っの地上絵はすべて、あのエリア51の近辺のものなのです。

世界一の軍事科学技術を持つアメリカが、あのナスカ時代と同じ方法でしかコミュニケーションできない相手とその事情とは・・・

ちなみに、今偶然にも近くでナスカの地上絵展をやってます、昨晩まで全く興味なかったのですが、俄然興味涌いてきました・・・

ということで補足でした。
2006-08-13(Sun) 00:57:20 | URL | Cooky [ 編集]
わぁ~~!詳しく書き込みありがとうございました!
そうですか?やっぱり興味を持つ最初の理由は何かしら
ミディアが仕掛けた事ですよね?
私Cookyさんが見たその映画見た気がします。
あ・・・でもアレは確かエリザベステイラーが出てたやつだから違うかな?(笑)
とにかく私もピラミッドに関しては興味があったので
(懐かしさのあまりに?)
テレビでピラミッドに関しての特別番組などは必ず見る様にしてました。
そうそう、吉村先生の番組?私もよーく見てましたよ~
先生の下でお手伝いしたいなぁ~なんて思った事がある位!(爆)

何って言ってもやっぱり興味深いじゃないですか?
アレってお墓ですものね?でもその構造には
特殊のエネルギーが宿るとか言われてるし
当時の人達はどうやってあの様な建物を作り上げたのか?
とか本当にミステリアスでたまりませんでした。
最近ではその謎ときとか色々な説が出ていますよね。

後、マップも見てきました、
エリア51が出てきましたねぇ~コレに関して語り始めると
今度はマジェスティックス12とかに行っちゃいそうです!(爆)
アメリカ人はUFOなどの話をすると結構笑い飛ばす
人が多いんですが。こんな大きな施設があるのにねぇ?
でも多くの人はただ単なる軍事機密基地だと考えてる様ですが
私はそれ以上の何かが絶対にあるはず!
と思っています。
それから・・・
フリーメイソンとピラミッド!と言うかお札に目を
つけたのもなかなかですね。
後7という数字も関係してあると聞いたのですが
それはまだ確認できてません。
私だからセブンイレブンも実はバックにフリーメイソン
って思ってたんですがどうやらそれは違うかもですね?(笑)
 
2006-08-13(Sun) 15:47:20 | URL | くろねこ [ 編集]
 あのハンコックが、最新作を出版・・・
題名は「スーパーナチュラル」(超天然??日本語ではあまり、ほめ言葉ではないが・・・
ところで・・・

アレってお墓ですものね?

って・・・ クロネコさん・・・ 

まあ・いいんですけど・・・

2006-08-24(Thu) 21:19:42 | URL | Cooky [ 編集]
な・なんと・・・

 あのハンコックとエハン・デラフィが新作「スーパーナチュラル」について、ここで(後半です)対談してます動画ファイルは30分くらいの長いものです。

 なんでも、今年11月にこの本についての講演会を東京と京都でおこなうらしいのです。

上の動画ファイル見て、モンロー研究所とハンコックの繋がりの謎が、やっと見えてきました。

ところでクロネコさん{google erath}ご存知でしょうか?

あのギザのピラミッドが鮮明な衛星画像で見られます。
あのエドワーズ空軍基地の広大な敷地内もオープンです。

こちらは、とんでもない物のオンパレードです。
いいんでしようか、こんなのオープンにして・・・
それとも、組織的なイタズラ?
2006-08-24(Thu) 23:37:49 | URL | Cooky [ 編集]
ここです・例の動画ファイルのアドレスは・・・

http://www.thd-web.jp/site/seminar/hancock.html

単に貼り付け忘れました・・・

2006-08-24(Thu) 23:40:38 | URL | Cooky [ 編集]
あ。。。すみません、あまりにも簡単な言葉で片付けてしまった
ピラミッド=お墓 発言?(恥)
でも子供の時にはピラミッドで最初に出てきたのが
王墓って思考回路だったんですよ(笑)

それからハンコック氏とエハンが東京で講演会を行うんですね?
凄いコラボじゃないですか?
エハン氏について私もうちょっとリサーチしたいです!
あまり詳しく知らないので!

google erathは私もDLして持っています。
色々な所に旅行した気分が満喫出来楽しいんですよね。
で??何だか色々なモノが見られるみたいで
私・・・今晩夜更かししちゃいそうですよ!!

2006-08-26(Sat) 17:22:49 | URL | くろねこ [ 編集]
先日近くの三越で吉村作治展やってまして・・・
ついつい・・・ 行ってしまいました。

ピラミッドを作っている石と同じ材質の250kgの石灰岩の塊(思っていたよりも白くてとってもキレイ??でした。)とか、ギザ大地のジオラマとかの様々な興味深い展示があり・・・

ここの展示ブースで流されるビデオの中でもピラミッド=墓説に対してはキッパリ否定しておりました。

やっぱり、この意味不明の目的で立てられた、超正確で製作方法すらさっぱり判明しない巨大な建築物というところが・・・
現代(有史以降)の価値観(俺のだぞー凄いだろ!!)とはまるっきり別物なのに、なぜかそこにある不思議ってところが・・・

すいません・・・ やっぱり墓かもしれませんね・・・

それとハンコックの最新作「スーパー・ナチュラル」って作品、英語版については、すでに発売されているのですが、日本語版については、まだ翻訳者を選択中の段階だそうで・・・しばらくは読めそうもありません、クロネコさん英語バリバリでしようからハワイで英語版ゲットできませんでしようか??

しかし、「スーパーナチュラル」って題名は、最初抵抗ありましたが、よくよくビデオ見たり解説見ていると、これがなんとまたピッタリくる題名なんだろうって気持ちになってきました。

結局「神の指紋」「タリズマン」の正当な延長線上にあるアプローチ??当然の選択って感じが私には強くしたのですが・・・

いかがでしょ、クロネコさんのビデオ見られたご感想は・・・


2006-08-27(Sun) 16:03:11 | URL | Cooky [ 編集]
とっても面白ろそうな展示会に行かれましたね?いいなぁ・・。
そしてやっぱりピラミッド=墓説は否定でしたか?(笑)
う~ん。。本当に不思議な建築物ですよね。
でもその頃の方がもしかして今よりも文明が進んでいたとしたら?
あの様に正確な建築物も可能じゃないですか?
今よりも過去の方が文明が進んでるなんてあり得ない!
って良く言われましたが。

それから私はまだこのタリズマン、読めてないのです(涙)
だから感想はなんとも言えないんですけどね?
ただCookyさんが繋がる!って思われるのは
どうしてか分かる様な気もします。。
本当、本を読む時間作らなきゃですよね??(反省中)
2006-08-27(Sun) 20:55:37 | URL | くろねこ [ 編集]
一見役立ちそうに見えるけど、実際は全く無駄?な「物や情報」を大量に生産し続ける現在の文明の進化のパターンと根本的に異なる文化の進化ってものは当然あるわけで・・・

そんな方向性探し出す努力しないと、それこそ行き詰ってしまいクレンズ・・・って事になっちゃったりして・・・

そもそも今の世の中の価値観って、昔の王侯・貴族たちの文化の盲目なコピーであって、自然な幸せ・豊かさの実感というリアルな感覚から生まれたものではないのは事実であるわけで・・・

そもそも、自分はどうありたいと感じてるのかなってところから、再スタートすべきじゃないの?っていう考え方、この元になる自然で素直な感覚ってのが「スーパーナチュラル」って事なんではないか・・・とCookyは考えるのですが・・・いかがでしょ?
2006-08-29(Tue) 23:54:49 | URL | Cooky [ 編集]
でましたね~キーワード、「クレンズ」!
今世界各国で起こっている自然災害もクレンズの
一つと言う人が居ますよね?
そしてクレンズ後に生き延びる人=ノアの箱舟
と例えた方が居ました。。。
う~ん。クリスチャンもクレンズは信じるんですね??

それから今あらゆる物があふれてるこの時代
本当に大切な物が逆に失われている事も確かですよね?
って事は物が溢れれば溢れるだけ私達は退化してるのかも・・・・・?

スーパーナチュラルとはもしかしてベーシックに戻る!
って事かもしれませんよね?
2006-08-30(Wed) 18:33:42 | URL | くろねこ [ 編集]
 あくまで、突拍子もない、あてずっぽうな推測上の、まったくの仮説に過ぎないのですが・・・

 先日買った矢追さんの例の本に、宇宙人にアブダクション・・・いわゆる誘拐されたという人に、催眠術かけて記憶を蘇らせる場面がありまして・・・

 その中に出てくる宇宙人のイメージが鼻と口がとがった「犬」みたいだったらしいんです。

 その昔、わたしがエジプト関係のテレビや雑誌を見ていて、とても違和感を覚えたのが、あの頭だけジャッカル?で体が人間という異様ないでたちのオシリスという冥界の神様でした・・・。

 いくらなんでも、頭だけイヌ・・・って、そりゃないだろう・・・と思っていたのですが・・・、ハンコックの「神々の指紋」のなかのウナス王のピラミッド内に記されたピラミッドテキストの内容とかと考え合わせると妙な符合を感じちゃったりして・・・それから数千年が経ち、双方のスパイが暗躍する米ソ冷戦の真っ只中で伝えられた彼らのイメージは、なんと神さまからスパイに転落しっちゃった・・・受け手の時代背景しだいで、同じものがここまで評価変わるか・・・( 推測だけで、そんな熱くなるか?

 ちょっとこのごろgoogle earthでエリア51あたりを見すぎたせいなのでしょうか・・・

 すいません、お遊びが過ぎました・・??
2006-09-02(Sat) 00:40:20 | URL | Cooky [ 編集]
上、オシリスじゃなくってアヌビスでした。
2006-09-02(Sat) 07:46:26 | URL | Cooky [ 編集]
なかなか色々な推測がCookyさんの中で飛び交ってますねぇ~(笑)
それにしても面白いっ!宇宙人のイメージが犬だったとは新鮮!
そしてそこからアヌビスに結びつけたい気持ちは
とっても分かります!
アヌビス、私も凄くミステリアスだと思ってたので。
(死神と思われがちだけど死者を守る神と言う説がありますが?)
こう考えるとありとあらゆる所にヒントがあるのがびっくりです!!!
やっぱりピラミッド関係、奥深いですね!?

2006-09-02(Sat) 21:29:08 | URL | くろねこ [ 編集]
前回のテンプレ、コメントの区切りのラインの下に表示されていたんですね・・・ ずれるはずです・・・ すいませんでした。

 それとメールアドレスの直表示も直っていてほっとしました。

 ありがとうございます。


 

 
2006-10-11(Wed) 21:36:08 | URL | Cooky [ 編集]
やっぱりテンプレでしたねぇ?
何か普通のテンプレとちょっと違う機能がついていたみたいです。
これなら大丈夫でしたか?(´▽`) ホッ
安心しました!
2006-10-13(Fri) 13:08:16 | URL | くろねこ [ 編集]
日経新聞に、文化庁が選んだ「日本のメディア芸術100選」が載っていました。

な・なんと一位が、あの「エヴァンゲリオン」・・・
10年以上前の作品ですが、確かに「おたく」と呼ばれる人たちもフアン層として被ってはいますが・・。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061003STXKC061403102006.html

クロネコさん、タリズマンも、まだ読んでいらっしゃらないようですので、当然エヴァも見られていないとは思いますが・・・

監督と同じ年代の大人の目線で見ると、とても面白い作品です。

あと、もし消せるのであれば、ウイルス関連でここに書き込んだ私のコメントも消していただければ幸いですが・・・

非公開でsubmitすべきでした・・・ すいません。
2006-10-14(Sat) 10:30:28 | URL | Cooky [ 編集]
凄いですね?>エヴァンゲリオン。
Cookyさんがお察しの通り、本もビデオも見れてません・・・
なんだか仕事が終わり他色々な事をしているとアッと言う間に寝る時間になってます・・
Cookyさんがそこまで言うエヴァンゲリオン、
是非観なきゃですね!
それとウイルス関連についてのコメント削除ですね?
分かりました!そうさせて頂きます!
で。。。。やっぱりこのままだと地球は2012年あたりに滅びる気がするのは私だけでしょうか??
2006-10-15(Sun) 14:16:30 | URL | くろねこ [ 編集]
空打ち2回やっちゃいました・・・

上のコメント、ご面倒ですが・・・ 消してもらえないでしょうか・・・

ところて、下記はあのジョー・マクモニーグルがモンロー研究所で発言したらしい一文です。

Q:宇宙人は地球に住んでいるのだろうか?
ジョー:私の飼っている猫は宇宙人だ。だが宇宙人について心配することは無い。たくさん地球上に住み着いているが、平和共存する考えだ。だが、地球が滅びる前に、かれらはみんな地球から去っていく。
 
http://www.kitombo.com/peterpan/1009.html
うーん、やっぱし・・・ 宇宙人(猫だけど・・かも・・・)

もしかしたら、破壊王だって・・・あの事件は地球征服の為の予行演習だったりして・・・ 恐るべし破壊王・・・

2006-10-15(Sun) 22:07:52 | URL | Cooky [ 編集]
分かりました!消しておきます。

そして・・・いよいよ私みたいな発言をする人が
他にも一名?って感じです(笑
友人が遊びに来た時我が家の猫マロンを見せて
「彼女は絶対に宇宙人なのよ」と言ったら呆れられたのです。(笑
でも私彼女は絶対にそうだと確信してます。。。
それから破壊王ももしかしたらそうですかね?
って事は猫だけでなく他の動物にも居るんでしょうか??
う~~ん奥深いです!本当に。
2006-10-17(Tue) 19:12:32 | URL | くろねこ [ 編集]
このごろ、あまり猫とか犬に接していないもので・・・

小さいころ接した彼らの印象は、とてもおおらかでした・・・

私個人としては、「猫さん宇宙人説」にはぜんぜん見当もつきませんが・・・



でも、人間にもドクターフリッツみたいな人いますからねー、あきらかにトリックも麻酔も無しでバッサバッサと毎日千人くらいの人を切り裂いては治している・・・、これは人間には絶対にできない・・・

そのフリッツ本人が言うには、彼は3000以上のスピリット?の集合体で、地球生まれではないらしい・・・、彼に言わせれば、「我々から見れば、あなたがたも宇宙人だ・・・」と・・・ そー言われれば・・・確かにそーだが・・・

そのフリッツも、普段はルーベーンというコンピュータ技師の地球人であり、第三者から、ある宣言をしてもらうことで現れる・・・ 「ジュワッチ」とスティック振りかざすことでウルトラマン(彼もM78星雲から来た宇宙人・・・)に変身するように、だから、もしかしたらその猫さんも・・・

または、幽体離脱の名猫で?クロネコさんが、仕事中でも、ショッピング中でもすぐ近くにいて「この子はほんとに目がはなせないんだから・・・、ほんとどちらが飼い主だかわかったものじゃないわ・・・」などとつぶやきながら、ジッと見守っていて、思った以上にクロネコさんの事、理解していたりして。

まあ、あんまり予備知識のない友人なんかに、宇宙人説を力説すると、変わり者扱いされかねませんので、できれば・・・と思いますが・・・

そろそろ、いかがでしょうかフリッツあたりの本とかビデオとか取り寄せてみては・・・ もうあれから(今私が非常に読みたいなぁ~って興味を持ってる本がこちら・・とクロネコさんが宣言されてから)10ヶ月近く経ってますし・・・、へたな人気ドラマよりも、ずっと面白いと思うのですが・・・。 

2006-10-25(Wed) 09:39:40 | URL | Cooky [ 編集]
いつも興味深いコメントありがとうございます。
この1年とにかく仕事&プライベートで忙しく
本を静かに読む時間がなかなか作れてません。
この間のハワイ地震の時読みたかった本2冊
を読破しました。
この時タリズマンがあったらなぁ~って思いましたが
こちらの本屋で探したけど無かったんですよねぇ・・
取り寄せなきゃ~と思ってたらすーが読んだとの事
彼女が送ってくれるのを待ってる所です。

な訳なので私からCookyさんに何か知識を
紹介出来る事もなく、いつもお話聞かせてもらってるばかりな次第です。
2006-10-25(Wed) 19:04:37 | URL | くろねこ [ 編集]
で。。。。やっぱりこのままだと地球は2012年あたりに滅びる気がするのは私だけでしょうか??

先日のハワイ地震地震の時、さぞかしヒヤッとされたのではないでしょうか。

すいません、こういうプログやってらっしゃると、あちこちからお見舞いのメールが山のようにやってきて、お礼の書き込みだけでも大変かも・・・と思いまして、あえて今回は、お見舞いなしでいこうと・・・

タリズマンについてですが、すーさんに聞いていただければわかりますが、肝心なところは大体ここでやりとりした内容で十分ではないかと・・・、あとは、おどろおどろしい残酷な歴史上の記述とか、結構重い箇所も含まれていて、そんなに楽しい本ではありません、今から読まれるんだったらフリッツものがお勧めです。

そうそう、ヘルメス文書について・・・ご報告忘れておりました。だいぶ前になりますが、県立図書館で探して見ましたら、幾つか見つかりました。ただ解説本の解説本みたいなもので、原文はほんの少し・・・内容は思っていたように錬金術関連に重点がおかれ、肝心の本質的な事についての記述はほんのわずかにすぎませんでした。中世の暗黒時代に終止符を与えるきっかけを作ったともいわれるこの文書、興味あるんですがねー
2006-10-25(Wed) 23:39:56 | URL | Cooky [ 編集]
すーさん、ごめんなさいスターゲートとジョディフォスターのコンタクト混同しておりました。

いまごろすいません・・・

あまり映画見ないもので・・・、題名と内容から、昔見たあれかな・・・って感じで・・・


2006-10-28(Sat) 08:38:05 | URL | Cooky [ 編集]
まさに地震がない地域での地震だったので最初に頭によぎったのは
クレンズやらマヤの予言やら色々でした。
もしかしたらハワイ島の火山爆発と共に日本の富士山もやばいかな?とか・・・・。
本当に異常気象や異常現象が多くってとっても気になります。
あ、逆にCookyさんに気を遣わせてしまいましたね?
ハワイ地震の時そうして思って頂けただけでも嬉しいです、ありがとうございました!

ヘルメス文書に関しては私も全然詳しく知りませんが
色々な人がヘルメス文書を勉強したとされてますよね?
それこそイエスキリストからニュートンまで。
そう考えると色々な元はヘルメス文書にあるのかもしれませんよね??
分かりやすい本があったらいいんですがねぇ、ヘルメス文書に
関しての本はどれも難しいです(特に英語版)

2006-10-29(Sun) 18:51:58 | URL | くろねこ [ 編集]
あのビートたけしのアンビリーバボーって番組が、以前ドクター・フリッツについて特集を組んでいました。

下記がそのURLです。

http://www24.big.or.jp/~idenshi/tv-kitano/tv-kitano.cgi?m=com_d&a=1&p=6&t=85&k=

なんと1998年に放映してました。

ああ・そうそう、話は変わりますが、わたくし11月18日から3日間、京都行って来ます。言わずと知れた、あのハンコックに合いに・・・です。

どうしても知りたいのですっ!!・・・。

神々の指紋 → タリズマン → スーパーナチュラルって展開の先が・・・

神々の指紋にしても、タリズマンにしても、「実にリアルな現実」と真正面で向き合う姿勢が気に入っているハンコックですが・・・今回のテーマは、このあたりをどう展開してくれるのか・・・興味深々なのです。

いいでしよ・・・
2006-11-03(Fri) 23:40:13 | URL | Cooky [ 編集]
あの日本語版がリリースされたばかりのGoogle earthで、世界中の地震の発生状況が分かるようになりました。台風の経路や今の世界中の雲の様子とかだけでも感動していたのに・・・ この間のハワイの地震についても、ちゃんと表示されております。

しかし、地球規模で地震の発生場所確認してみると、最近太平洋を取り巻くように発生している地震が、ポッカリと日本あたりだけ空白になっております。

く・来るのでしょうか、関東大震災、東海地震・・・

2006-11-04(Sat) 22:38:14 | URL | Cooky [ 編集]
地震。。。やっぱり日本にも大きいのが来るのでしょうか?
夫が言うにクレンズされる地区にはそれなりの
類似点があるというのですよ?
とにかく怖いですねぇ、そのグーグルマップの件。
次に来ると言われてるのは東海地震と言う
話ですが富士山もかなり危険な状態なんでしょうか?
で!Cookyさん、あのハンコック氏に会いに行くのですね?
楽しみにレポート待っています!!!
2006-11-05(Sun) 08:17:28 | URL | くろねこ [ 編集]
私の以前の書き込みで・・・

 先日買った矢追さんの例の本に、宇宙人にアブダクション・・・いわゆる誘拐されたという人に、催眠術かけて記憶を蘇らせる場面がありまして・・・
 その中に出てくる宇宙人のイメージが鼻と口がとがった「犬」みたいだったらしいんです。
 その昔、わたしがエジプト関係のテレビや雑誌を見ていて、とても違和感を覚えたのが、あの頭だけジャッカル?で体が人間という異様ないでたちのオシリスという冥界の神様でした・・・。


ってのがあったんですが・・・ 覚えていらっしゃるでしょうか?

ハンコックの「神々の指紋」の後ろから12ページ目の注-10 の 20に、これについての詳しい記載がありました。

うーん・・・

どうやら、ハンコックも似たような事考えていたりしてと思うのは、私の考えすぎなのでしようか・・・

今度、おひまなときで結構ですから「破壊王くん」に、それとはなしに聞いてみていただければ・・・
2006-11-06(Mon) 20:02:42 | URL | Cooky [ 編集]
ハイハイ、それ覚えてますよ。
宇宙人のイメージ=犬?のような感じ=
オシリスに関連があるのか?
って所をハンコックさんも何か述べてるのでしょうか??
残念ながら・・・破壊王はもう飼い主さんの所へ帰ってしまったんですが友達の所に
ワンちゃんが居るのでコミニケートしてみたいと思います。

いや・・・キーワード・・・もしや【犬】かもですねぇ?
だから・・・・犬を食べる習慣のあるとある国
は悪いエネルギーの流れる国とされてるのでしょうか???

ちなみに・・・地球上ブラックホール(悪いエネルギー)が流れてるとされてる国は

韓国・エジプト・フランス

だそうです・・・・。どうなんでしょね?
2006-11-07(Tue) 16:18:46 | URL | くろねこ [ 編集]
宇宙人のイメージ=犬?のような感じ=
オシリスに関連があるのか?
って所をハンコックさんも何か述べてるのでしょうか??


あの・・・、クロネコさん、もしかして「神々の指紋・下」持ってらっしゃいますよね・・・

もし、よろしければ見ていただければ・・・
2006-11-07(Tue) 21:55:49 | URL | Cooky [ 編集]
失礼しました<(_ _)>
何せだいぶ前に読んだ本で(自分では持ってません)
プラスCookyさんがおっしゃりたい事を理解してなかったみたいでした・・・
とにかくだいぶ前に読んだ本なので(確か8年位前)
なんかその他色々な事柄と混ざってしまっていますが・・・・
(その前に似たような内容の記事をムーでも読んだ記憶があります)
とにかくもう一度こういった関係の本を読み返して
おさらいをしないとですねぇ・・・・。
2006-11-08(Wed) 12:26:41 | URL | くろねこ [ 編集]
すいません、クロネコさん・・・

「神々の指紋」下巻、お手元に無かったのですね・・・ どうしても読んでいただきたかったものですから・・・

その例の部分・・・抜粋しておきます。

ピラミッド・テキストには謎めいた側面が数多くあるが、その一つとしておそらく無視できないのは、「道を開く者」が現れることであろう。「空の扉があなたに開かれている、ほしぞらがあなたのために開け放たれている、上エジプトのジャッカルが、アヌビスとして、あなたのもとへやって来る」・・・・ 
ここでも、他の文脈でもそうだったように、犬に似た存在の役割は、「導き手」として働くことにあるようだ、それが導く先にあるのは、深遠な情報の秘密の宝庫であり、その情報はしばしば数学や天文学に結びついている。

※グラハムハンコック著「神々の指紋」下巻 注-10 の 20より抜粋

どうでしょう? 先日、京都行きの前に、久しぶりに読み直していたら「ハッ・・・」とさせられたくだりです。

なんなんでしょ・・・ 一体・・・

まさか、こんなところに「ヘルメス文書」の最大の秘密が隠されていたりして・・・
2006-11-08(Wed) 22:30:17 | URL | Cooky [ 編集]
わざわざありがとうございました。
色々と考えたら全てが繋がってる様に思えてならないんですがね??
でもこの本出た後にかなりの批判もありましたよね?
この本はあまりに作り話だ!とかただ単なる小説で
リアリティが全くないとか???
でもフィクションだとしてもかなり色々な事が
偶然にも一致してたりするんでは?って思いました。
2006-11-09(Thu) 13:10:35 | URL | くろねこ [ 編集]
行ってまいりました、晩秋の京都、ハンコックツァー・・・

いやはや特に祇王寺の紅葉はすばらしいしの一言につきます・・・ ( って・・何しにいった?
 
至近距離から?ハンコック氏の講演・懇親会参加してまいりました。

ハンコック氏の奥さんのサンサ、そしてエハンの3名からサインまで頂きハンコック氏には直接握手までしていただき・・・ って ミーハーな自慢話はこのぐらいにしといて。

核心の「スーパーナチュラル」・・・ 意外な展開になっておりました。

キーワードは「アワヤスカ」
こちらに、詳しい情報かありましたので・・・
http://www.akiramania.com/books/ayahuasca.html

早い話がアマゾンのシャーマンが使う超強力な麻薬です・・・ 南米の国々では使用が合法という事で、本人数回やっちゃったようです、なんとエハンもその昔、京都で経験したみたいです・・・良いんでしょうか・・・。

この、あの「くさや」が三ツ星レストランのスイーツに感じられるほどのとてつもない味の2っの植物の葉の絞り汁、飲んだ後は、嘔吐と下痢をともない、その後にインディオのシャーマンであろうが白人であろうが人種、性別、宗教に関係なく同じような強烈な光景を見るそうなんです・・・

そこには・・・

極彩色の巨大で知性を持ったヘビ、頭だけ人間で体がヘビ、多くの動物、奇妙な建物・・・ まるで「神々の指紋」の中に出てくる、エジプトの神々や南米のピラコチャと彼の乗る生きたヘビで出来た船・・・

ハンコックは、あの世紀の大発見のDNAの存在を発見したノーベル賞学者が、死の間際に言い残した「私はLSDを服用してあの構造を見出した」という言葉を一面トップ記事載せた新聞記事やアップルコンピュータの創設者ジョブス氏の発言http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20060120306.html、数万年前のラスコーなどの古代壁画の内容とをからめながら、こういう世界との薬物を使ったコンタクトから、他の動物と一線を隔す人間の知性が発芽したのではないだろうか・・・という論理の展開でした。

いまの世の中が大量生産・消費を繰り返す持続可能な社会形態から外れだしたのは、こういうところから来る情報を社会が遮断してしまい、その中身の欠けた「がわ」ばかりの薄まった分を、量や安易な組み合わせでごまかしてきた結果ではないか・・・ということらしいんです。

UFOや宇宙人に関しても、こういう薬物の助けを借りて、やっと見ることが出来る「多次元世界」という認識をしています。

うーん・・・、展開が・・・ これまで論理的な探求を重視してきたハンコックにしては過激すぎ・・・ な 感じはしますが・・・

そういえば、モンロー研究所はどうなったんでしょ???

「アワヤスカ」のように、肉体のままで、薬物を利用して意識を広げる場合と、ヘミシンクなど利用して、肉体から離脱してのそれとは(わたくし、経験が無いのでなんともいえませんが・・・ クロネコさんちの猫さんだったらご存知かもしれませんが・・・)違ってくるのではないかと思いました。肉体を持ったままだと、胎児が10月10日(とつきとうか)の間に魚類から両生類、爬虫類、哺乳類への進化を駆け足で通り過ぎる関係上、それらの記憶も引きずってしまい、幽体離脱の場合のような肉体から意識が離れた状態で見るそれとは趣が違ってくる・・・

って、わたしは思うのですが・・・
2006-11-23(Thu) 12:05:38 | URL | Cooky [ 編集]
京都なかなか素敵な時に旅行されましたね♪
紅葉はそれは綺麗だったでしょうね?
そして、そうですか、ハンコック氏皆さんとお会いしたのですね?
しかも話が。。。LSDより何倍も強い麻薬??
なんかちょっとびっくり&はて?と思いました。
そしてリンクして下さった記事を読むとなるほど・・・
LSDは人生の進化にとって必要な物質って凄いですよね?
麻薬としか思いませんから。。。
Cookyさん、私今頭の中がこんがらがりました!(苦笑)
2006-11-23(Thu) 16:00:51 | URL | くろねこ [ 編集]
アワヤスカ・・・ うーん・・・ なんか違う・・・

合っていそうで・・・ 違っている・・・

そんな、無理して、背伸びして見つかるものでもない気がする・・・

ああ・そうそう、ご報告忘れておりました。

エハン、チャックウイルソンには似ておりません・・・、わたくし、単一民族・日本人の悪い特性で、ちょっと見ただけでは西洋人の判別がつきにくい症候群にかかっていたようです。

ただハンコックに比べて、同じイギリスはスコットランド生まれでも、理性的な判断は後からついてくるタイプで、まずなんでも喰ってみるってタイプに思えました。 一度講演聴いただけで簡単に判るものでもありませんが・・・ 行動的です。

2006-11-24(Fri) 21:47:48 | URL | Cooky [ 編集]
昨日、レンタルビデオ店で(普段あまり利用しないのですが)、偶然「スーパーナチュラル」とそっくりなテーマの、ある作品を見つけました。作品名は「アルタードステイツ」脳科学者として第一人者だった実在の人物ジョン・C・リリー氏がモデルです。

映画は、途中からとんでもない方向に大崩れしていきます(これでは興行収入が危ないとスポンサーが圧力をかけたのでしょう)、映画の最初のあたりのそれは、アワヤスカが「きのこ」だった点意外は
非常に似通っています。

しかし・・・

2006-11-26(Sun) 09:35:32 | URL | Cooky [ 編集]
今Cookyさんのカキコを見てこの映画の事
ちょっと調べてみました!
凄く面白そうですね~~~
なんか映画の中に出てきませんか?頭は犬で
身体人間が!!
ジョンCリリー氏は精神は脳のなかにあるのか、
それとも宇宙意識に入っているのかを探る
旅に色々と出たみたいですね?
私も脳と精神の関係、興味津々です!
2006-11-26(Sun) 20:47:55 | URL | くろねこ [ 編集]
意外でしょうが、あの俳優の高嶋政伸氏のホームページ、ジョンCリリーについてのインタビューからアイソレーション・タンクの詳細な情報まで貴重な映像がありましたのでリンクを貼っておきました。

http://rs.pod.tv/

なんと、ジョンCリリーのアイソレーション・タンクはハワイはマウイ島にあるそうじゃないですか・・・ クロネコさん至近距離ですよ!!いいなぁ・・・

その他、参考になりそうな情報です。

http://www.eccoproject.com/blog/
http://www3.ocn.ne.jp/~zip2000/john-c-lilly.htm

2006-11-26(Sun) 22:52:50 | URL | Cooky [ 編集]
上のsubjectが正当です。
ま・またリターンキーダブルで押しちゃったみたいです・・・ 3度目です、すいません。

訂正って出来るものでしょうか・・・

2006-11-26(Sun) 22:57:25 | URL | Cooky [ 編集]
情報ありがとうございます!
あ!まずは訂正の仕方ですがご自分の
コメント編集出来るんですよ。
コメントを記入する時にPASSにご自分
の好きなパスワードを入れてから書き込み
すると間違えがあった時など編集できます!

でで!!私びっくりしました。
あの俳優の高島さん、こういう事に興味あったんですねぇ?
しかもハワイだなんて近いです!
マウイならすぐに飛べます!!
そして俄然興味がわいてきました!
多分・・・マウイに行ってしまいそうな予感です!
2006-11-27(Mon) 18:17:13 | URL | くろねこ [ 編集]
レポートお待ちしております・・・。

って・・・ ( これって催促??
2006-11-27(Mon) 19:47:32 | URL | Cooky [ 編集]
コメントを記入する時にPASSにご自分の好きなパスワードを入れてから書き込みすると・・・

パスワード入れてない場合は、だめでしょうね・・・  入れてないんですよねー これが・・・ 試してみたけどだめでした。



まぁ、いいか・・・ そのままで・・・ 
2006-11-27(Mon) 22:27:08 | URL | Cooky [ 編集]
マウイに行ってしまいそうな予感です!

クロネコさま、いかがでしょう?現実化しそうでしょうか・・・

2006-12-06(Wed) 11:36:22 | URL | Cooky [ 編集]
おお~~コメント頂いていたのですね~
見落としてしまいました<(_ _)>

で。マウイなんですが・・・行きたい!とっても行きたいっ!
けれど、後わずかのハワイ生活、色々とする事
てんこ盛りにて無理そうです・・・
Cookyさん、どうでしょう?お正月休み、ハワイに来て体験しては?
(逆催促?笑)
2006-12-07(Thu) 14:25:18 | URL | くろねこ [ 編集]
こんなもの、翻訳ソフトで翻訳して直接グラハムハンコックにメールしてみました。
あまりに無謀でしようか?


この文章は、翻訳ソフトにより日本語から英語に翻訳されて作成されております関係上、判読が難しい文章になっているかと思いますが、「重力軽減の間に書かれたヒエログラフの問題」についての非常にシンプルな解」について記載しております。 そのままでは文字が壊れて判読できないかとは思いますが、日本語の原文も、翻訳文の後にそのまま載せてありますので、もしご興味がありましたら日本語の判る方にお問い合わせいただければ幸いです。



「ギザの記念建造物の古さとその意味に関して、グラハム・ハンコックからの声明文  1998年7月22日」

につきまして・・・ 結果的にハンコック氏側がザヒ・ハワス氏側に非を認め、謝罪し和解する形で決着したかと思いますが・・・ 

重力軽減の間に書かれたヒエログラフの問題につきまして・・・

非常にシンプルな「解」を見つけ出しました。
もし、ご参考になりましたら幸いです。

まず、ここで争点になった内容について整理してみると・・・


  Q1. なぜ、他のエジプトの建造物に見られる、過剰なまでのヒエログラフや装飾、宝飾品を一切持たないギザのピラミッドにおいて、「重力軽減の間」においてのみ、石工マークとしてクフ王の名が残されているのか

  Q2. オリオン座の三ツ星の配置とナイル川等の配置は、BC10,500年を指し示しているが、王の間、女王の間のシャフトの指し示す時代はクフ王の時代を指しているのはなぜか


結果として、重力軽減の間における、石工マークについては、その文字の石間の配置状態から、後から手を加えられたものではなく建造時に書かれていたものとしてエジプト学者たちとの間で決着を見たわけですが

ここに、もう幾つかの疑問を追加して再考してみました。


  Q3. なぜフランス隊の空けた女王の間に限らず、重力軽減の間や、その他の通路に大量の「砂」が存在するのか

  Q4. なぜ石工マークは未熟なものであり、内容も石の切り出しに必要な実用的マークではなく、王をたたえるものなのか


まず、王の間と女王の間にあるシャフトについて


  ○ もし、BC10,500年前に2/3ほどの高さまで完成していたピラミッドを、製作者たちはそのまま放置して、残り部分を8,000年後に作成しにくる旨の印を付けて去った・・・ この印がシャフトではないのか、まるでタイマーの針を合わせるように・・・。
    このシャフトが剥き出しか、あるいは覆いが人間の手で取り外されたことにより、砂嵐で巻き上げられた細かい砂の粒子がピラミッドの通路やシャフトの中に溜まってしまったのではないか


次に、未熟な「石工マーク」について


  ○ もし、その製作者たちがBC2,500年に再びギザを訪れ、残りの部分の製作に取りかかったとして、BC10,500年との違いは、そこに文字を持つ人間たちが住んでいたという事ではないか
    そして以前ピラミッド作りに使用した石切場には、人間の石工たちが自分たちの建物を作るための石の切り出し作業のために住み着いて仕事をしていた。
    彼らは、高価なパピルスを使用できず、近くの石に作業で使用する塗料をもって、文字の練習をした。その文字が王政時代としてあたりまえのフレーズ「クフ王は偉大なり・・・」と「自分の名前」ではなかったのか・・・

  ○ その「落書きされた石」を、意思の伝達に文字の使用すら必要としなかった?製作者たちは、まるで石の模様ぐらいにしか思わず、切り取って軽々と運び、積み上げていった・・・ 
    そして「重力軽減の間」に落書きされた石が納まることとなってしまった。


さらに、これをアメリカ1ドル札に記載された、フリーメイソンの上下に分割された絵とつなげて考えてみると、さらに面白い展開になってきます。


  ○ ということであれば、当時の石工(メイソン)たちは、その製作者たちと直接遭遇していることになる・・・。もし、一ドル札のピラミッドの上半分の中の目が、神の目を示すものではなく、我々の先祖はピラミッドの上半分の製作段階を直接 ”見た” という意味だとしたら、そして彼らとの交流で得られた知識を文字に直して残したとしたら・・・。ここがヘルメス文書の起源ではなかったのか?



いままでのハンコック氏の真実を追求する強い心と、危険を恐れない勇敢な行動と明晰な考察に尊敬の念を感じてやみません。
もし、私の考察が何らかの参考になりましたら、このメールアドレスまでご連絡いただければ幸いです。


                                          R.Kukita 2007/02/05

このブログが、いまだにちゃんと機能しているかどうかも怪しいのですが・・・ いちおうアップしてみました。

たぶん、うまく送信できたとしても、ただ埋もれてしまうだけなんでしょうけどネ?
2007-08-05(Sun) 22:16:47 | URL | Cooky [ 編集]
 ・・・ということであれば、当時の石工(メイソン)たちは、その製作者たちと直接遭遇していることになる・・・。もし、一ドル札のピラミッドの上半分の中の目が、神の目を示すものではなく、我々の先祖はピラミッドの上半分の製作段階を直接 ”見た” という意味だとしたら、そして彼らとの交流で得られた知識を文字に直して残したとしたら・・・。ここがヘルメス文書の起源ではなかったのか?

長い間探し求めてきた「ヘルメス文書」の謎・・・私としては、これが非常に腑に落ちる解と思えるのですがいかがでしょ?

しかし、でも一番肝心の問題が解決しないままです・・・ 200tもの巨大な石を、いとも軽々とそれでいて正確に積み上げ、異常なまでの精度で東西南北の方角、一辺の長さ、角度を合わせ複雑な内部構造を持ち140mの異常なまでの高さの巨大建造物を造ったのがヘルメスたちだとして、彼らっていったい何者なんでしょ?

勝手に答えを見つけたつもりになっているのかもしれませんが・・・ こう考えると今までの謎だったことのすべてがうまく符合しちゃうように感じるのです。

2007-08-14(Tue) 20:59:28 | URL | Cooky [ 編集]
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

くろねこ

COMMENT
TRACKBACK
RESTAURANT 411
HAWAII RING

*ハワイ関連のHPをチェキ!
ALOHA VOICE
965*Cafeも登録してます♪




HAWAII RINGのホームページへ ランダム
次の次へ 次へ

WEATHER

-天気予報コム- -FC2-
OTHELLO GAME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。